はんなり京都の旅 その-1
9月22日~27日で京都へ行ってきました
神仏参拝・墓参・ファーストシードの旅
そのご報告の「その-1」です

23日秋分の日から26日で京都にてワークセッションを行いました
本州開催は1年8ヶ月ぶりです
京都はファーストシードの最初のワークセッションを開催した地であり
2007年の4月以来になります
今回のワークセッションは神羅レイキの開催の流れからの開催なので
定員の5名様の内訳が予め決まってしまいました
関西方面から数人の方にお問合わせ頂きながら
スケジュールをオープン出来ずに申し訳ありませんでした
いずれまた京都での開催を予定致します
流れを感じ読み解きながらになりますので
いつ頃になるか現段階では明言でき兼ねてしまいますがお待ち下さい
それまで待てない と言われる方はぜひ札幌へお越し下さい
観光&ワークセッションで素敵な旅になりますよ
お問合わせお待ちしております

さて先日のブログ『故郷は温い』で記しましたように
22日は伏見稲荷大社の参拝とご先祖様のお墓参りでした
セッション初日の23日は会場へ向かう前に
古(イニシエ)よりお世話になっています鞍馬さんへとご挨拶へ参ってきました
鞍馬さんとは源義経と鞍馬天狗で有名な『鞍馬寺』の事です
鞍馬天狗
前日(22日)の夜半から降り始めた雨は朝になってもまだ少し残っていましたが
鞍馬駅に到着すると直ぐにあがり鳥たちの声も賑やかになってきました
今年の5月のブログ『ウエサク祭』でもご紹介させて頂いてます
今生では幼き頃から父に連れられて詣でさせて頂いてから
かれこれ40年近くなりますし私にとっては何かとご縁の深き所となっています
ファーストシードは2007年の4月ここ京都から正式にスタートしました
その時もセッションが始まる前に鞍馬寺にお参りさせて頂いてます
そして今回もセッション当日にご挨拶となったのです
山の中腹にある本殿まではケーブルカーに乗らずいつも歩きます
途中には由岐神社やいくつかの末社やお堂などがあり楽しく登れます
こちらは「愛と光と力の像-いのち」です
愛と光と力の像
「互いに捧げ合い扶け合い共に生きるいのち
大きないのちの愛と光と力によって
私たちもいらされている」との説明がされています
鞍馬寺のご本尊である尊天(ソンテン)さんの宇宙生命・宇宙エネルギー・宇宙真理を
具現化したものだそうです
ご本尊に親しみを込めて「さん」呼ばわりさせて頂いてます
その尊天さんとは毘沙門天と千手観世音と護法魔王尊の
三身を一体として「尊天」と称しています
それは全ての生命を生かし存在させる宇宙エネルギーであるとしていて
毘沙門天は「光」の象徴「太陽の精霊」
千手観世音は「愛」の象徴「月輪の精霊」
護法魔王尊は「力」の象徴「大地(地球)の霊王」としています
大地の霊王「護法魔王尊」はなんと650万年前に金星からこの地に降り立ったそうです
その身体は通常の人間とは異なる元素からで形成されていて
年齢は16歳のままで歳をとることのないそうです
永遠の美少年と云ったところでしょうかね(失礼)
なんともまぁスケールが大きい由緒のお寺さんなのです
子供心にヒットして今もなお崇敬させて頂いている寺社のひとつです
個としての神様の在り方ではなく
宇宙の森羅万象そのものが尊天さんだと感じています
宗教・宗派を超えて各自の心が信じる流儀で
参拝をさせて頂ける懐が広いお寺さんなのです
尊天さんのように月のように美しく太陽のように暖かく大地のように力強く
私もそう在りたいものです
さて約800mある九十九折り参道を登ること約20分で本殿金堂に到着します
本殿前より真南には護法魔王尊が金星から降り立った所とされている「翔雲台」があります
鞍馬寺 翔雲台
朱塗りの欄干と注連縄で囲われていて神聖な領域です
雲の隙間からジリジリと陽射しが照りつけてきました
本殿金堂内に入り受付でご挨拶をすると
昔からいらっしゃる係りの方が声をかけて下さいました
ここ数年は札幌からの参拝なのでどうやら憶えていらしたようです
この方の手招きに甘えさせて頂いて昇殿させてもらいました
そしてお寺の歴史についてや内部の至る所を説明しながらご案内して下さったのです
お年をお聞きしたところ当年で85歳との事でした
背筋もシャキッと伸びていて階段も手摺に掴らずに昇降されている姿は
その歳を感じさせません
定期的なお勤めは今月いっぱいだそうで
次回からお会いできないのが寂しい想いです
優しい笑顔と素敵な心とエネルギーを賜りありがとうございます
そして長年のお勤めご苦労様です
お陰さまで祈りと瞑想もさせて頂き1時間以上ゆっくりとお参りができました
本殿の裏手からさらに山奥へと登ると奥の院があります
鞍馬寺 奥の院
こちらでも約10分ほど祈りとご挨拶をさせて頂きました
ただこの日は時間が余りなかったため貴船神社へと通じる山道を
ゆっくり散策することは叶わず風のように駆け抜けていきました
かつて源義経はこの道を駆けて翔けていたのでしょう
鞍馬寺は私個人としての想いが強いだけに
あれこれとご紹介したくなって話が長くなってしまいます
詳しくはまたの機会にするとしましょう
この日の鞍馬詣では奇しき素敵な出逢いがありご縁を賜り
身も心も清められ新たなエネルギーを授けて頂けたようです
その気を運びワークセッション会場へと向かったのでした

『はんなり 京都の旅その-2』へとつづく・・・

今ここに在るすべてに

感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
スポンサーサイト
【2009/09/29 09:29】 | ご報告 | トラックバック(0) | コメント(0)
心の波動
9月23日から始まった京都でのワークセッションは
昨日26日で無事に整いました
後日に詳しくご報告致しますが
この度(旅)も奇跡的な運びがあり
また新たな気付きがありました
ホン(本当)にお陰様です
感無量の喜びに満ちた感謝の心の波動を
皆様と分ち合いたいと想う心持ちです
その心の波動を遠隔でお送りしてシェア致しますね
まだ暑さ残る京都は金木犀の香り漂う秋を迎えています
加茂川
たくさんの想いの手土産とその気を纏い帰路に発ちます
明日28日からは札幌のワークセッションが始まります


今ここに在るすべてに

感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/27 08:08】 | ごあいさつ | トラックバック(0) | コメント(0)
秋のお彼岸に想う
気温が30℃を超える京都に居ます
北海道気候にすっかり慣れきっている身体はひとしお暑さを感じます

義弟が誕生日を先日迎えました
その日に彼は電話で
「両親と皆さんに感謝です」と話していました
彼のmixiにもそんなコメントが記されています
自分の誕生日に感謝できるのは素晴らしい感覚だと
あらためて気付かされ想ったのでした
両親は自分にとって最も近いご先祖様です
明日26日までお彼岸
以前のブログ『地球を癒し宇宙を癒す』でも書いていますが
お彼岸はご先祖様に感謝する期間です
今ここに自分が存在できているのは
己の御魂が宿る器である身体が在るから
この奇跡に気付いて感動していてもいなくても
お墓参りへ行きましょう
行けない方は仏壇で手を合わせてみましょう
家に仏壇がない方は
全てのご先祖様へ感謝の心を以(モ)ってファーストシードのエネルギーを送ってみましょう
過去の何かが癒され
現在の何かが変わり
未来の可能性が広がっていきます

ご先祖様に感謝の祈りを
亡父の故郷であるここ京都で
秋のお彼岸に想うのでした
快晴の京都
秋晴れの空の下(モト)で心も晴れやかです

ご先祖様に
今ここに在るすべてに

感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/25 09:21】 | ひとり言 | トラックバック(0) | コメント(0)
故郷は温い
9月22日から京都へ来ています
今年の春は来られなかったので
秋のお彼岸に父方の墓参でと予定していたのです
神羅レイキの開催も重なっていまして
そのお客様の流れでファーストシードのワークセッションも開催することになったのです
京都に入り先ずはご先祖からご縁を頂いている伏見稲荷大社へご挨拶へ
JR奈良線伏見駅で下車するなり
薄日が差しているのに小雨が一瞬降ってきました
今回も新たなご縁を頂けた参拝になりました
己丑秋のお彼岸京都 伏見稲荷大社
20分歩きお稲荷さんのお山の裾野に我が家の本家筋のお墓があります
亡父から「本家さんのお墓には必ず参るように」と云われていました
ここへ来るたびに幼き頃の想い出が蘇ります
伏見のお白狐さのような雲が浮いていました
己丑秋のお彼岸京都 白狐さんの雲
続いてはその父や祖父母達家族が眠るお墓へと参ります
移動も何もかもがちょうどで運ばれて
お陰様で15時30分には全て済ませられました
今も変わらぬ昔のままの風景もここにはまだ在ります
1年半振りの京都は変わらず温故知新を感じさせてくれます
己丑秋のお彼岸京都 下鴨風景
23日から2年半振りとなる
ファーストシードのワークセッション@京都の幕が開けます
目出度し芽出度しです
故郷は温(ヌク)いです


今ここに在るすべてに

感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/22 23:32】 | ひとり言 | トラックバック(0) | コメント(0)
2・3・5
2009年9月21日
光の数字は
2009=2+9=11=1+1=
9+21=30=3+0=
2+3=
2・3・5になります
2001年9月11日は
3・2・5
今月の上旬ころに見た夢の中での1コマ
白い紙にたくさんの数字が並んでいた場面で
2001/09/11=325に対応するかのように
2009/09/21=235が記されていたのです
何かが起きるのではないのかと心配はせず静観していましたが
表立っては特に大きな出来事は無かった?様子です
ただ流れが変わる節目の日であった事は間違いないようです
念のため年内の3・2・5の日には注目しておこうと想っております
これからは大地にしっかり根を下ろす大木のようにどっしりと
それでいて空を舞う木の葉の如く軽やかに参ろうと心掛けて生きます


今ここに在るすべてに

感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/21 23:50】 | ひとり言 | トラックバック(0) | コメント(0)
利尻山登拝の旅その-4
『利尻山登拝の旅その-1』『利尻山登拝の旅その-2』『利尻山登拝の旅その-3』
続きで「その-4」完結編です

9月6日の利尻山登拝の旅
約60分の頂上で至福の時を過ごさせて頂いて下山を始めたのが午前10時50分
しばらくは足元が滑りやすい火山礫を下っていきます
登拝や巡礼で神域内では転ぶのはご法度ですから慎重に足を運びます
とは言え15時頃には下山して温泉に入り
17時30分発のフェリーに乗らなくてはならないので少しペースが上がります
30分程下りてきた9合目で水分補給しながらペース配分を練ります
頂上付近は再びガスに覆われてしまって見られません
すぐ近くに1羽のカラスさんが居るのに気がつきました
ご挨拶とばかりに声帯模写でカラスの鳴き真似をしてみると
首をかしげて歩いて移動をはじめました
声の主のカラスを探しているのでしょう
もう一度鳴き真似をしたらこちらに近づいてきて
「ガァーガァー」と低い声で何度か鳴きました
今度は日本語で「おはよう」と話しかけてみました
するとカラスさんは低く太い声で「おぁ~はぁよぉ~」とこちらの真似をして鳴いたのです
犬の鳴き真似をするカラスに九州の高千穂で以前出会った事はありますが
人間の言葉を真似を聞くのは初めてです
証拠を残そうとカミさんに電話して携帯電話の音声メモで録音してもらいました
確かに聞こえますから機会があればぜひ聞いてみて下さい
驚きますよ~
利尻山登拝の旅 9合目のおはようカラス
凛々しい姿です
一般的にカラスは忌嫌われる鳥となっていますが
実はとても気(エネルギー)が高く穢れた地を浄化する清らかな存在なのです
それにしても標高1500m付近でカラスは活動するのでしょうか
後からガイドブックなどで確認してみましたが
標高1000m位までは「ホシガラス」が生息しているようです
利尻島や礼文島にはその他に「ワタリガラス」も繁殖しています
私が遭遇したのはどちらの種か分かりません
ここで出会ったのには何か意味があったのでしょう
お陰様で楽しいヒト時と貴重な体験をさせて頂けました
1人で登山道を歩いているとこのように動物達によく出会います
これまでの登拝でも鹿を見かけたり熊と接近遭遇したりしています
今回もカラスさんの以外の鳥達にも出会い
登山道を先導してくれているかのように飛んでいました
またエゾシマリスとは超至近距離で可愛い姿を見られました
利尻山登拝の旅 エゾシマリス
登山は動物や植物がそこで生きているのを実感できます
山の中に入るとは彼らの生息地=テリトリーにお邪魔するのです
お宅訪問のようなものです
自然に対して畏怖と敬意の心を持ち
自分も自然の一部になる意識が大切かと想います
それは里での普段の暮らしの中でも同じです
登拝の際はいつも落ちているゴミを拾います
利尻山ではゴミを見かけませんでした
下山途中で清掃ボランティアの方々とお話しさせて頂きましたが
登山道がにゴミが落ちていなかったのは彼らの活動の成果なのでした
ありがたいことです
彼らが集めてきたゴミを見て驚愕しました
利尻山は環境保護の為に携帯トイレを使用するようになっています
登山道に数ヶ所あるトイレブースで用を足した後は
各自で持って登山口の回収ボックスに捨てる仕組みです
詳しくは利尻富士町ホームページに記載されています
ところが使用済の汚物が入った携帯トイレをあろうことか捨てている登山者がいるのです
大きなゴミ袋いっぱいに拾い集められる程の量でした
崖の下の方へと投げ捨てられたモノもあったそうで拾う方は命がけです
山を穢すといつか怪我してしまいますよね

14時20分に鴛泊コースの登山口近くの湧水に到着
「甘露泉水」の冷たい水で涼をとり喉を潤わせてもらいました
利尻山登拝の旅 甘露泉水
お陰様でほぼ予定通りに無事に下山して温泉に入りリフレッシュできました
利尻山は富士山にも匹敵する標高差があり体力が必要な山です
登りは1100m下りは1700mの標高差です
今回は準備不足で身体をしっかり作れず
寝不足もありかなりのハードワークになりました
登山道の花や動物達や景色にも癒され
木々の幹や枝や岩に身体を預け力を借り
お山全体に助けられ共に登らせて頂けたのです
「そこに山があるから」とは登山愛好家の山登りの理由
その山が何時までも在り続けているとは限りません
登拝の旅は様々な想いと感慨を享受してくれます
9月6日の陰陽和合の日の利尻山登拝
満月のお月様に見送られ
山頂では神々しいまでの太陽の光を浴びながら天と大地を繋ぎ
正に「陰」と「陽」を和合でもあったのです
こうしてこの度の旅もお陰様で無事に整ったのでした
温泉で汗を流し身を清めて利尻山神社で旅のご報告と感謝のご挨拶
利尻山登拝の旅 利尻山神社
利尻島を離れるフェリーからは雲の中に利尻山の頂上が見えていました
山の神々がお見送りして下さっているかのようでした
利尻山登拝の旅 利尻山のお見送り

リィシリヌプリカムイに
今ここに在るすべてに


感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/20 17:21】 | 登拝の旅 | トラックバック(0) | コメント(2)
利尻山登拝の旅その-3
ブログ『利尻山登拝の旅その-1』
ブログ『利尻山登拝の旅その-2』の続きで「その-3」です

9月6日の利尻山登拝の旅
8時30分頃に利尻山の8.5合目にあたる三眺山を出発
標高1500mを超えるあたりからガスに包まれていきます
そそり立つ崖の尾根や側面を縫う道が続きます
暴風雨の中を進むには厳しく大いに危険です
昨年の登拝の際は三眺山で引き返して正解だったと
あらためて感じたのでした
こちらはその難所のひとつ
利尻山登拝の旅 背負子投げの難所
「背負子投(ショイコナ)げの難所」と案内看板に書いてあるのですから難所です
10m程ですが絶壁を下ります
滑って落ちたら…即遭難です
山登りの猛者があまりの険しさに背負う子供を投げ捨てたとう恐ろしい伝説です
ここを過ぎても幅30cm程しかない気が抜けない道が続きます
次の難所がこちら
利尻山登拝の旅 親不知子不知
ここは山体崩壊直下のガレ場で落石や滑落事故が頻繁に起きているそうです
砂のような細かい小石の急斜面は足が沈み込み
足をすくわれバランスを崩すのです
ロープを頼りに一歩一歩慌てず素早く横断していきます
同じように滑りやすく急勾配のきつい崖を今度は登っていくと
鴛泊コースと合流する9.5合目に到着します
ここで小休憩して山頂を目指します
相変わらず火山礫(レキ)の滑りやすく
転倒事故多発地帯の急斜面が行く手を阻みます
そして午前9時45分に利尻山頂上に到着
所要時間約4時間30分で標高1719mの頂きに立ったのです
利尻山登拝の旅 利尻山頂上の祠
利尻山神社の祠です
独立峰なので晴れていれば360度のパノラマが広がっているのですが
頂上はガスに覆われていて太陽も拝めません
曇っていますが風は強くなく予想外に寒くありません
おそらく10℃以上あったと思われます
頂上には先に到着していたそれぞれ単独登山の男性1人と女性1人
私と交代するかのように男性は下山していきました
登拝ではいつも頂上または定められた箇所で
ファーストシードのエネルギーを使って天と大地を結び祈りを捧げます
祠の前に正座して祈祷を始めるとお尻がムズムズしてきました
大地から凄い勢いでエネルギーが湧きあがってきているのです
そして天からはそれと同じ勢いで降り注がれてきて
頭頂がジンジンと熱くなってきました
身体全体が熱くなってきた頃に周辺の空気からも暑さを感じます
目を開くと頭上の雲が晴れて太陽の光が燦々と照らしてきていたのです
15分程の祈りを終えると女性の方も「お先に」と下山していきました
利尻山頂上を独り占めです
頂上を覆っていたガスは所々で時々晴れて頂上周辺や眼下の景色を披露してくれています
利尻山登拝の旅 南峰と蝋燭岩
こちらは標高1721mの南峰と蝋燭岩
カラーの水墨画のような幻想的な光景です
利尻山の山頂は最高峰の南峰ですが崩落が激しく危険なため立ち入り禁止になっていて
三角点が置かれている北峰を現在は山頂としています
頂上は崖の上なのでテニスコートの半面程の面積しかありません
祠のすぐ後ろは絶壁で真下を覗くと目がくらみます
利尻山登拝の旅 利尻山頂上直下のガレ場
先程通過した親不知子不知のガレ場が眼下です
一度に全体は晴れませんでしたが裾野の街並みや隣の礼文島や宗谷岬
遠くの樺太も肉眼で確認できました
利尻山登拝の旅 利尻山頂上からの景色
岩に腰を下ろし天と地をエネルギーで繋ぎ
北から順番に45度ずつ角度を変えて
地球を1周するようにエネルギーを送ります
上空には様々な形をした雲が現れては流れていきました
利尻山登拝の旅 利尻山頂上上空の雲
気がつくと目からは涙がこぼれていました
ゴミが入ったのではありません
昨年は断念をした頂上に立っている感慨に浸ったのもあるでしょう
五感による感動もありますが
間違いなく何かのエネルギーに感応し心が熱くなった感覚がありました
贅沢にも約30分の間を1人で頂上を独占して
お礼とお別れのご挨拶をした後に下山の途に就いたのでした

『利尻山登拝の旅その-4』へと続く・・・

リィシリヌプリカムイに
今ここに在るすべてに

感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/19 09:19】 | 登拝の旅 | トラックバック(0) | コメント(0)
利尻山登拝の旅その-2
ブログ『利尻山登拝の旅その-1』の続きです

9月6日の利尻登拝の旅
前日の夕方に利尻島に入り翌朝が早いので普段より早めの22時頃に床に就きましたが
気持が高ぶっていたのもあるのでしょう眠れず夢の中へ誘われたのは0時頃でした
それでもアラームセット時刻より30分も早く3時30分頃に目が覚めてしまいました
少し寝不足ですが出発時刻は5時なのでそのまま起床して準備開始です

宿のご主人に登山口まで送って頂く車中からは利尻山全体が見えます
昨年のような嵐にはどうやらならない様子です
ところが山頂付近にうっすらと傘雲がかっていて
「午後から崩れるな」とご主人
流石は島の住民でご主人をはじめ島の方々は山を見れば天気の予想がつくそうです
下山するまでこの天気が続くか気になるところです
案じても仕方ありませんから天に任せます

午前5時10分頃登山口に到着
西の空に満月のお月様がいらしていてお見送りして下さいました
利尻山登拝の旅 朝の満月
5時15分に入山のご挨拶をしてから登山開始です
利尻山には現在2つの登山ルートがあります
前回同様に沓形登山口から登り鴛泊コースで下山する縦走ルートを選びました
沓形登山口は4合目にあり鴛泊コースよりも約5km程短く
所要時間も約1時間短縮できます
ちなみに利尻山1合目は海抜0mの港で島=山なのです
標高約600mの登山口から1719mの頂上まで約5時間で目指します
利尻山は礼文島と並んで高山植物の宝庫です
美しい花花の艶をどうぞ
利尻山登拝の旅 花花1利尻山登拝の旅 花花3利尻山登拝の旅 花花2
利尻山登拝の旅 花花4利尻山登拝の旅 花花5利尻山登拝の旅 花花6
利尻山登拝の旅 花花7利尻山登拝の旅 花花8
季節的には花々のピークを過ぎていますがこれだけの種類の花が
道のあちらこちらに咲いていて癒してくれました
観光の繁忙期も過ぎているので登山者も少なめです
このルートを登っているのは私の前に1人と後ろに5人グループだけのようです
登り始めて20分程すると高山帯にさしかかり瀬の高い樹木も少なくなり視界が開けます
山頂付近が望めます
利尻山登拝の旅 利尻山の朝
5時40分頃なので日の出の時刻過ぎていますが
登っている沓形ルートは島の西側のためまだ朝日を拝めません
約1時間半で7合目の礼文岩に到着です
標高は1000mを超えていますから眼下には利尻山の裾野が広がり
遠くに(写真中央)礼文島も見えています
利尻山登拝の旅 眼下に礼文島
標高が高くなってきても雲がかかっていないので
山の姿や眼下の景色や登山道の脇に咲いている花を愛でながら
心も軽く足取りも軽く楽しく登れます
7時40分頃8合目あたりで三眺山付近から太陽が昇ってきました
利尻山登拝の旅 日の出
この頃から少しずつ頂上付近がガスに時折覆われてきます
眼下は晴れていて斜面に山の影が投影されています
この付近は断崖絶壁の切り立った尾根を歩いていますので
場所によっては自分の影も見てとれます
利尻山登拝の旅 斜面に移る影
さらに標高が高くなり勾配もますます急になってきます
登山道は背丈ほどのハイマツの群生地帯に引かれた溝を縫うように進んでいきます
急に眩しい強い日差しが照りつけてきました
太陽から発せられる神々しい閃光が上へと導いているかのようです
利尻山登拝の旅 太陽の閃光
登山開始からちょうど3時間で標高1461mの三眺山に到着です
ここは昨年の登拝の時に引き返した地点
あの時は強風が吹き荒れ横殴りの雨で視界10m程しかなく
立っているのもままならない状況でした
今回は風もほとんどなく穏やかで素晴らしい景色が広がっています
利尻山登拝の旅 三眺山から山頂を望む
喜びに満たされながらここで10分程休憩をしていると
頂上付近から9合目あたりまでガスがかかってきました
身体が冷えないうちに先を急ぐことにします
ここからはさらに険しくなり難所が続くのです
行程の7割は進んできましたが頂上まではあと2時間程かかるのです
頂上に立つ頃は晴れているかが気になります

『利尻山登拝の旅その-3』へ続く・・・


今ここに在るすべてに

感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/17 17:19】 | 登拝の旅 | トラックバック(0) | コメント(0)
利尻山登拝の旅その-1
9月6日に利尻山へ登拝して参りました
1年2ヶ月振りに再訪です
昨年の7月7日に登拝をしてますが
この時は嵐のために9合目で撤退して
頂上には立てず山容すら拝めなかったのでした
その模様はブログ『利尻山』に記してあります
さて今回は登頂が叶うのでしょうか
天気予報では1週間前からルーレットのように秋の空模様はコロコロ変わってます
この旅(度)も天に任せて参りましょう

前日の5日
暑さを感じるほどの秋晴れの下
札幌から愛車の昴森人を駆って陸路350km稚内へ移動です
今回は1人の旅
雑カフェ『あまむ』さんの店長さんは1日遅れの日程で「羊蹄山」へ登拝で別行動なのです
途中のサロベツ原野から利尻島全体を望めました
利尻山登拝の旅 サロベツ原野
幸先が良さそうな感じです
海から切り立つ高い山は湿った空気を一気に上昇させて雲を生みます
頂上付近は雲の中ですね
約5時間の快適なドライブで稚内に到着
フェリー出港まで時間があるので近くのノシャップ岬のレストランで昼食です
眩しい日差しで輝く海が窓の外に広がっています
店内に流れるBGMは「ユーミン」が続いているのに気が付きます
「まさか」と思った次の曲はまさかの『やさしさに包まれたなら』でした
この曲についてはブログ『大切な箱が開かれる時』でご紹介してます
全ての事はメッセージ
それを見落とすなよとのメッセージでしょうか
身も心も引き締められる想いがしたのでした
空が穏やかだと海も静かです
約1時間半の心地良い船旅で利尻島鴛泊(オシドマリ)港に到着です
利尻山登拝の旅 フェリーから
雲に覆われていますが隙間から山頂も垣間見れました
お山に歓迎されているのかもしれないと勝手な解釈をして喜んでいました
民宿の車で沓形へ移動です
荷を降ろして日没前に『北見富士神社』にご挨拶です
利尻なのに何故「北見」?と昨年も気になっていましたが
由緒書を拝見して納得です
かつてこの地は北海道北見国利尻郡だったのです
「富士」は「利尻富士」ですね
創建は享保年間というから西暦1700台前半でちょうど徳川吉宗の時代と古いお宮です
この地が神仏幸い給い
明日の登拝が無事整いますように

とお祈りさせて頂きました
利尻山登拝の旅 北見富士神社
神社の背後には雲が晴れた利尻山頂上が望めました
宿のご主人に聞いたところによると
利尻島へ渡るフェリーに「北見富士神社」の宮司さんが乗っていて
宿へ向かう私達の車の前を走っていたとの事でした
振り向けば西の空が日没間近で朱く染まっています
日没を見たくなって港まで走ります
港からは利尻山の全容が拝めました
利尻山登拝の旅 沓形港から利尻山
港から眺めていると山そのものが島を形成しているのを実感します
雲の下から顔を見せた太陽は水平線へと沈んでいきました
思わず合掌
利尻山登拝の旅 沓形港の夕陽
宿に戻って食堂で食事をしているとそこへ民宿の看板犬ミミちゃんが登場です
他に10人ほどお客さんが居るのに私の傍から離れません
昨年来たのを憶えているのでしょうかね
利尻山登拝の旅 民宿の看板犬ミミちゃん
食後の散歩を兼ねて近所の温泉へ歩いて出かける事にしました
空には満月があり利尻山を夜空に浮かびあがらせています
利尻山登拝の旅 利尻山と満月
幾重もの月輪が虹のようなグラデーションを創っていて
言葉にならないほどの美しい光景でした
月にも合掌
祈りを捧げたのでした

『利尻山登拝の旅その-2』へつづく


今ここに在るすべてに

感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/15 17:19】 | 登拝の旅 | トラックバック(0) | コメント(0)
心の故郷
札幌諏訪神社へ昨日12日にお参りしてきました
札幌諏訪神社-1
最近判ったのですがカミさんとその母の親子の産土神社だったのです
こちらのお宮はその名の通り信濃の一宮「諏訪大社」から分祀して
明治15年に鎮座した札幌の鎮守の社のひとつです
数日前にこのお宮の近くを車で通過した際にご例祭の幟旗が目に入り
幸いにもお目出度いお祭の日にお参りさせて頂いたのです
札幌諏訪神社-2
諏訪の神様は「建御名方命(タケミナカタノコト)」と「八坂刀売命(ヤサカトメノミコト)」の夫婦神です
そのお宮に私達親子夫婦でお参りさせて頂いたのも何かのご縁なのでしょう

さて私の産土神社はどちらのお宮になるのかな?と思いました
そもそも産土神社とは
自分が産まれ育った土地を守護している神様がお祀りされている神社を云い
私達が気付かないところでもその神様が守護して下さっているそうです
この定義からすると私の産土神社は
神奈川県川崎市の「高石神社(タカイシジンジャ)」にあたります
一昨年のブログ『天高く空飛ぶ飛行物体!?』
28年振りの参拝の模様をご報告させて頂いてます
ところが産土神社の定義には初詣に参ったり
産まれて100日の初宮参りや七五三や成年式などをするお宮ともあります
そうなると東京都江東区の「富岡八幡宮(トミオカハチマングウ)」になります
さらには幼き頃によく1人で遊んだりお参りしていた
父の実家近く京都市左京区の「賀茂御祖神社(カモミオヤジンジャ)」では
七五三のお参りをしていますのでこちらも産土神社にあてはまります
どちらのお宮もご縁あって今でも参拝させて頂いています
それぞれに想い出もあります
私にとっての産土神社はこの三社と勝手に想っています
三社とも心の故郷と感じられるお宮だからです
札幌諏訪神社のお祭りに詣でていた皆さんが笑顔で楽しそうでした


今ここに在るすべてに

感謝

∞ Information ∞
同時遠隔プロジェクト展開中
 詳しくはこちら 同時遠隔ホームページをご覧下さい


ワークセッションスケジュール
9月2日(水)~21日(月) 札幌市
   上記期間でご希望の日時で3日間をお選び下さい
  ※9月8日~19日 各日で残枠1~2名様


9月28日(月)~10月20日(火) 札幌市
   上記期間でご希望の日時で3日間をお選び下さい
  ※9月28日~9月30日 残枠1名様
   その他一部日程でも残枠若干名となっています


10月21日(水)~24日(土) 釧路市
   上記期間でご希望の日時をお選び下さい
  ※定員残枠5名⇒2名


10月25日(日)~27日(火) 帯広市
   上記期間でご希望の日時で3日間をお選び下さい
  ※定員残枠3名


ファーストシードの高次元のエネルギーに繋がり
多くの気付きを得て新たな領域へとシフトして生きましょう

※ワークセッションは1日目:1時間 2・3日目:各2時間です
 ご都合にの良い日程をお決め頂きセッション会場まで通って頂くスタイルになります
 詳細はこちら ブログ『9月以降のセッションスケジュール』
または下記のホームページをご覧下さい
ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/13 09:12】 | ひとり言 | トラックバック(0) | コメント(1)
過去を癒す
「涙が突然溢れてきました…」

あるファーストシード人30歳代女性の体験談です
「6歳の息子が傘を持っていたのに差さずにずぶ濡れになって帰って来たので
玄関先で身体をタオルで拭こうとしたその瞬間に涙が突然溢れてきました
何で泣いてるのだろうと想った時に理由が分かりました
自分が幼い頃の記憶が蘇ってきたのです
私は親に叱られて家の外に出されたのでした
外は雨が降っていて服が濡れて身体は震えてきて
泣きながらドアを叩いて許しを乞いていました
その情景が脳裏に現れたのです
30年以上も前のその事は今まで忘れていました
息子を抱きしめながらしばらく泣いていたら
何時しか涙は止まりました
その後は心がすっきりした感じがして軽くなった気がします」


もうひと方は30歳代男性の体験談
「夕食の後に自室で寛いでいたら
涙が突然溢れてきました
感傷的になってもいなかったのに
どうして泣いているのかと想いを馳せると
10年程前に当時付き合っていた彼女に
突然ふられた記憶が蘇ってきていたのに気付きました
もう過ぎ去った出来事だと忘れてましたが
心の中で蓋をしただけだったようです
5分程したら心が軽くなり楽しい気持に満たされたのが不思議です」


ファーストシードのワークセッションを受けられると
浄化のプログラムが自動的に作動し始めます
おふた方とも浄化のプロセスで
過去の出来事の記憶が蘇ってきたのですね
時には涙を伴う浄化が起きる場合もあります
傷付いた心が癒され涙とともに流されるのです
私達は日常の些細な出来事などによっても
心や魂に少なからずの傷を負ってきています
家庭や勤務先でも
友人との関係や恋愛でも
新聞やテレビで目にするニュース画像や文章からも
気付かないところで影響を受けているのです
知らず知らずに負ってしまった心の傷を癒しましょう
ファーストシードのエネルギーを送って下さい
自己の全ての過去へ
大切な方の全ての過去へも
浄化のプロセスは加速され心が今より軽くなり透明感が増します
過去を癒すと現在・未来が変わるのです


今ここに在るすべてに

感謝
2001年9月11日のアメリカ同時多発テロの犠牲者のご冥福をお祈りし
ファーストシードのエネルギーをお送り致します
∞ Information ∞
同時遠隔プロジェクト展開中
 詳しくはこちら 同時遠隔ホームページをご覧下さい


ワークセッションスケジュール
9月2日(水)~21日(月) 札幌市
   上記期間でご希望の日時で3日間をお選び下さい
  ※9月8日~19日 各日で残枠1~2名様


9月28日(月)~10月20日(火) 札幌市
   上記期間でご希望の日時で3日間をお選び下さい
  ※9月28日~9月30日 残枠1名様
   その他一部日程でも残枠若干名となっています


10月21日(水)~24日(土) 釧路市
   上記期間でご希望の日時をお選び下さい
  ※定員残枠5名⇒2名


10月25日(日)~27日(火) 帯広市
   上記期間でご希望の日時で3日間をお選び下さい
  ※定員残枠3名


ファーストシードの高次元のエネルギーに繋がり
多くの気付きを得て新たな領域へとシフトして生きましょう

※ワークセッションは1日目:1時間 2・3日目:各2時間です
 ご都合にの良い日程をお決め頂きセッション会場まで通って頂くスタイルになります
 詳細はこちら ブログ『9月以降のセッションスケジュール』
または下記のホームページをご覧下さい
ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/11 08:46】 | ヒーリング | トラックバック(0) | コメント(0)
邪気を払って長寿を願う日
今日は9月9日『重陽の節句』です
09年09月09日09時09分09秒
」が見事なまでに並びます
超~重陽ですね
今日は邪気を払って長寿を願う日
その想いを原(モト)に大切な方へファーストシードのエネルギーを届けましょう
贈った方の良き流れへと整えられていくでしょう

皆さんにとってこの良き日が素晴らしくありますように

菊花を愛でて
菊酒で乾杯 弥栄
090909重陽の節句 菊花重陽の節句 菊酒



今ここに在るすべてに

感謝
ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/09 09:09】 | 歳時記 | トラックバック(0) | コメント(0)
感じるがままに
今月の札幌のワークセッション第2弾が今日8日から始まります
昨夜からの雨はあがり爽やかな秋晴れの下のスタートです
今回も奇しきご縁でこの日を迎えられたMFさんが受けられています
先週5日と6日で利尻山の登拝をして参りました
詳しくは後日ご報告致します

さてここ最近
物事の展開が速くなっていると感じています
昨年のブログ『選択の自由』でも書いていますが
私達は一瞬一瞬に様々な選択をしています
それは二者択一であり時には三者択一の選択です
皆さんが今こうしてこのブログを読まれているのもその選択の積み重ねの結果です
物事の展開が速くなってきているのと同時に
どう選択するかがより大切になってきているようです
正しい選択は本来あるべき方向へと流れていって
違えると大きな歪が今まで以上に生じてしまいます
結果が現れるのも早くなってきています
気付いた時には手遅れにならないようにしたいものです
修正もなかなか難しくなってきていますし
仕切り直しとなると余計な時間を要してしまいます
そうならない為に心の声に耳を傾けて勇気を出して進んでみます
選択を違えてしまうのはその感覚を等閑にしてしまうからです
現実的な生活の中での制約に縛られているからではなく
自らが縛っていたのに気付かされます
感じるがままに選択していきましょう

明日9日は『重陽の節句』です
この良き日が素晴らしくありますように


今ここに在るすべてに

感謝
ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/08 08:09】 | ひとり言 | トラックバック(0) | コメント(0)
理由なき笑顔
ふと気付くと笑顔になっている事が時々あります
先日も車を運転中にニヤッとしている自分が居ました
丸くて白いお腹の魚のキャラクターが視界に入ってきたからではなく
目の前を絶世の美女が通過したのでもなく
直前に楽しい出来事があったわけでもありません
楽しい未来を想像してもいませんでした
気が付くとニヤニヤしていたのです
心の状態に意識を向けると当然の事ながらフワフワ膨らみ弾んでいます
ファーストシードを受けられた方からその後の感想で
「何故か分からないけど楽しい」というような言葉を良く頂きます
先日の私も同じような感覚だったのでしょう
生活を営んでいれば日日様々な出来事があります
それは全て喜ばしい事ばかりではなく
もちろん悪い事も起きています
どんな境遇にあっても楽しいと感じられる瞬間があるのです
浄化の過程が進むにつれ今まで心の中に抱え込んでいた
ネガティヴな重い荷物が降ろされて
喜びのスペースが広がっていくからなのでしょう
在りとあらゆる存在から祝福されているのを魂が感じているのもあるでしょう
そうやって少しずつ喜びが心をいつも満たすようになってきて
どのような状況下にあっても訳もなく楽しいと感じられるのですね
ファーストシード人の方々は逆境に強くなっていくのです

今週の札幌のワークセッションに関西から受けに来られたKIさんも
こちらに滞在中祝福のサプライズがいくつもあり
心に喜びが溜まり始めて笑顔が絶えませんでした
秋晴れの北海道神宮
天高く抜けるような空(Sky)が広がり天候にも恵まれ
大好きなSkyというアーティストの曲がカフェで流れてくるという
天恩にも恵まれて素敵な旅になったことでしょう
お喜び申し上げます

9月5日は望月(01時03分)満月です
今この瞬間に喜びを感じられているという奇跡に感謝
さらに喜びが増しますように
自己の中にある不要な感情や習慣を手放し
ファーストシードのエネルギーで光に変換して
宇宙へ解放しましょう
そして明日6日は陰陽和合の日です
自己の中にある陰陽を和合していけば輝きがより増していきます
気が付くとそこにはもっと素敵な理由なき笑顔をしている自分が在ります



今ここに在るすべてに

感謝
ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/05 01:03】 | ワークセッションを受けると | トラックバック(0) | コメント(0)
運が良い人
札幌のワークセッションが昨日2日から始まりました(20日まで)
この日から3日間には関西から遥々お越し頂いているKIさんがいらっしゃいます
この方は感覚的に受けてみたいと想われて
当初は8月にと考えていらしたのですが
都合がつかずに今回の日程になったのです
前後の日にも特に用事があったわけでもなかったそうで
この3日間にしたのもたまたまでやはり感覚的だったのです

ご予約される際ご希望の日程を頂いて暦をみたところ
2日中段:「みつ」・廿八宿「参」・下段「百事吉」
3日中段:「たいら」・廿八宿「井」・下段「大みょう」
4日中段:「さだん」・廿八宿「鬼」・下段「天おん」
大吉日が連続で今月最良の3日間だったのです
ご本人はこの事を知らずに予定を組まれていました
考えないで感覚的に決めだからこそなのです
もちろんセッションは暦にとらわれることなくいつでも可能です
良き日に行った方がより良いというだけです
たかが暦
されど暦
暦は地球の時の運行であり宇宙のリズム
このリズムを感じ取っていくと
万事ベストタイミングで流れていき整っていく事でしょう
今月の次の最良な札幌での日程は9月17日を絡めた3日間になります
15日~17日
16日~18日
17日~19日
この日程に予約・問合せが集中しているのは偶然ではないでしょう
残枠が若干名になっています
暦を味方にしてファーストシードのエネルギーを活用すれば
更にその動きが加速されていきます
重陽の節句9日も良き日ですよ

日程など物事を感覚的に決めていくのは容易くありませんが
運が良い人とは
それを自然にできる方なのかもしれません
ファーストシードを受けたら自らが運を切り開いていけるようになります
考えずに感じながら生き(行き)
良き方へと運んで行き(生き)ましょう


今ここに在るすべてに

感謝
ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/03 03:06】 | ひとり言 | トラックバック(0) | コメント(0)
平成二一年己丑・長月
今日から9月『長月(ナガツキ)』
新しい月の始まり始まり~
北海道は短い夏がフェードアウトして秋がフェードイン
釧路や帯広の街や沿道にはコスモスが咲き始めて
夜はコオロギや鈴虫達の合唱が聞こえてきています

徐々に秋めいてくる9月の暦は…
 1日 二百十日 防災の日
 2日 富山八尾風の盆
 3日 旧盆
 4日 一粒万倍日 
 5日 望月(01時03分)満月
 6日 陰陽和合の日 
 7日 白露(20時58分)
 9日 重陽の節句 
11日 二百二十日
12日 下弦(11時16分) 一粒万倍日
19日 朔月(03時44分)新月 一粒万倍日
20日 彼岸入り
21日 敬老の日
22日 国民の休日
23日 秋分の日 秋分(06時19分) 彼岸中日 
24日 一粒万倍日
26日 上弦(13時50分) 彼岸明け
といったところです
ご参考になさって下さい
19日から旧暦の8月に入りますが
今年は十五夜の中秋の名月は10月になっています
下旬にはGW並みに連休があります
この頃から北海道は北の方から冬の便りが届き始めます
時は絶え間なく流れ季節は移ろいますが
自己を見失わずに在りたいと想います
己を知り己であり己を愛する
今月はこれをあらためて肝に銘じて進んで行きます

新たな月を迎えられることに
今ここに在るすべてに

感謝
ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/09/01 01:38】 | ごあいさつ | トラックバック(0) | コメント(0)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる