初(始)めの1歩を踏み出す日
今日10月30日はとても目出度い良き日です
『十三夜』であり
なんと『天赦日』なのです
どんな日なのかはそれぞれ過去のブログの記事をお読みにって下さいませ

新たな領域へと進むには最良な日なのです
今まで棚上げにしてきた「それ」を下(降)ろす時
尻込みしてして出来なかった「それ」を始める時
心配はいりません
事は直ぐに成らないのです
なので突然大きな変化など起きませんから戸惑いもありません
不安をかなぐり捨てて
さぁ1歩前へ踏み出しましょう
その1歩は小さな1歩ですがそこから少しずつ少しずつ
事は変わり始めていずれ近い将来
自らが求め欲っして在りたい自分が居る
新しい領域へと必ず辿り着くのです
今日は初(始)めの1歩を踏み出す日にしましょう

今宵は月を愛でながら
今の自分に感謝して
両親に感謝して
周りの人々に感謝して
これまでの事象の全てに感謝して
神と仏に感謝して
そんな感謝の心で以ってファーストシードのエネルギーを万物全てへ贈ってみましょう
きっと天の恩赦が享けられますよ
「十三夜に曇り無し」
たとえ曇っていても空には
月は輝いて優しい光で私達を見守っています

今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile QR Code
スポンサーサイト
【2009/10/30 01:23】 | 歳時記 | トラックバック(0) | コメント(0)
無垢な心
先日10月24日に交流会@釧路を開催しました
2か月ぶりで通算14回目になります
体験で来られたTさんやKKさんのお子さんRくん7歳と4歳のRちゃん
お店の業務で席に就けなかった
雑カフェあまむさんの店長Goroさんと総料理長Momoさん
そして私の計17名の会となりました
ご参加頂いた皆さん誠にありがとうございます
ここ半年内にセッションを受けられた
KKさんとその息子さんのRKさん
NSさんとMKさんの4名の皆さんは
初期段階の浄化が進んでいるようで
顔が以前よりもさらにスッキリされていていたのが印象的でした
もちろん放たれているエネルギーも強くなっています
RKさんは集中力が高まってきたそうです
MKさんは新たな視点で物事を捉えて対処出来るようになったそうです
NSさんは身体の調子が良くなってきたり
職場の花々が在り得ないくらい元気に生き生きとしている
そうです
皆さんから感想や体験談をいくつかご紹介して頂けました
今回釧路でワークセッションを受けられたCMさんは
NSさんと職場の花の生き生きしている姿に驚いて
ワークセッションを受けようと決意
されたそうです
周りの人はその変容ぶりをしっかり気付いているのです
参加される皆さん同士で観察し合うのも楽しみのひとつです
また私からは
「利尻山登拝」や「阿寒湖の旅」のご報告
「ファーストシード的インフルエンザ対策」
「不安が変容を止める」
などなど
最近感じている事柄もいつものようにお伝えしました
これらはこのブログでもいずれご紹介していきます

恒例の会の後半のエネルギー廻しでは
今回体験で参加されたTさんはポカポカと身体が火照ったそうです
その他にエネルギーの輪の内側に初めて入った中で
面白い体験をされた方がいらっしゃいました
それはKKさんのお子さんRくんとRちゃんです
希望する方は輪の中に入って皆さんの集結されたエネルギーを
いつも体感して頂くのですが
廻し始めた直後から輪の中に入っていた2人は
気持ち良さそうに大人しく喜んでいました
ちょうどお兄さんのRKさんが輪に入った時に
私がエネルギーの感じ方を説明すると
Rくんは何のためらいもなく言われた通りに目を閉じて静かに
流れてくるエネルギーを感じようとしていたのです
そしていつしか身体がエネルギーの流れに乗って
クルクルとゆっくり円を描きながら揺れ始めてきたのです
会の後でその時の事を本人に聞いてみると
「だんだん気持ち良くなってきて
 誰かに優しく押されるように
 前や後ろや横に身体が動いてフワフワして面白かった」と教えくれました
輪を作っていたエネルギーを廻していた大人達一同が
その心と身体の純粋さと素直さに感銘を受けたのでした
私達は様々な事柄を通して経験や知識という
社会生活を営んでいくうえで役に立つ財産を手に入れていきます
それらは論理的な言動の礎になりますが
同時に先入観や固定観念・既成概念を作りだしているのです
大人になるにつれて純粋で無垢な本来の心は消え去ってしまったかのように
それらに覆われ奥底の深い所に隠されていまって見えなくなってしまいます
ファーストシードのエネルギーによって自動的に進んでいく浄化の過程で
心の中に幾重にも覆いかぶさっているそれらはもちろん少しずつ払拭されていきます
「無垢に戻りたい」と自らの意志を持てばそれはさらに加速されます
子供たちの姿勢に今一度気付かされ目が覚めそう想わせて頂けたのでした
「今日はありがとうございました また来月も来ます」と
RくんとRちゃんは元気な笑顔と愛嬌を振りまいて帰って行きました

散会した後
MAさんからは疲れがとれてスッキリしたと仰っていました
MSさんは自分の中に新発見が出来たとのメールを頂きました
今回は参加できなかったその旦那さんもファーストシード人ですが
テンションの高い状態で電話があったそうです
遠く埼玉県でエネルギーの輪に繋がったMNさんからは
「力を抜きな」みたいなメッセージを感じた
との連絡がありました

交流会の場に居ると
言葉とエネルギーをシェアし合って
浄化と気付きが促され
変容が加速されていきます

今は五感で感じられていなくても
それは確実に起きているのです
今回はまたそれを強く感じさせていただけたのでした
ご参加された皆さんがますます光り輝き
無垢な心が広がっていきますようにお祈り致します

11月は札幌と帯広でも交流会を開きます
お楽しみに

今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile QR Code
【2009/10/26 21:12】 | ご報告 | トラックバック(0) | コメント(0)
にじみ出てくる言葉と笑顔
2ヶ月振りの釧路でのワークセッションは無事に整い
毎度ですがお陰様でございます
それぞれの方々にとって素晴らしい祝福がもたらされて
私もそのお裾分けを賜り感謝感激でございます
受けられた方々やお世話になった皆々様 ありがとうございます
ファーストシードのエネルギーに繋がるワークセッションは
全ての存在から祝福の称賛を浴び
受ける方が喜びに包まれる楽しいひと時でもあります
それは私も共有させて頂いて双方が至福を感じるのです
毎度のことながらあらためて感じさせて頂けると幸せに満ち溢れます
「人生の財産が増えた」
「細胞がウキウキワクワク跳び跳ねてビリビリバンバンです」
「これから先が楽しみ」

などなど・・・
エネルギーに繋がり浸み渡り身体と心と魂に広がってきます
全てが共鳴し始めたのです
だからこそ言葉がそして笑顔にじみ出てくるのですね
そんな皆さんの波動に共鳴して私もビリビリバンバンきました
キラキラと光輝く素敵な華がたくさん咲きますように

今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile QR Code
【2009/10/25 20:20】 | ワークセッションを受けると | トラックバック(0) | コメント(0)
縁 結 愛 生 育 包 広
8月末から約2ヶ月振りに訪問する釧路です
日中の気温が13℃程で朝晩は冷え込んできています
『雑カフェあまむ』さんの薪ストーブにも火が入り優しい暖かさに包まれています
たった2か月ですが久しぶりに訪れると実りの秋らしい嬉しいニュースが届いていました
『祝 ご出産
今年6月ファーストシードを受けられたMSさんが9月6日に女の子を出産されました
『祝 ご懐妊
夫婦ファーストシードのMKさんが妊娠5ヶ月目に入り順調に育っているそうです
『祝 ご結婚その1
新郎のGTさんと新婦MTさんがご結婚されました
ファーストシード人同士のご結婚は初でまた新たな夫婦FSの誕生です
『祝 ご結婚その2
そのMTさんのお友達のファーストシード人CKさんもご結婚されました
『祝 ご結婚その3
2年前にファーストシード人になられたKTさんがご結婚されました

奇しきで人と人・魂と魂がばれて
新たな家族が増えて
親子
家族
母性
父性
夫婦
それぞれに新たな


まれて
ファーストシードの光のエネルギーと
無償のがっていくでしょう
皆さんおめでとうございます

今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile QR Code
【2009/10/24 08:08】 | ご報告 | トラックバック(0) | コメント(2)
交流会@釧路Vol.14
10月19日北海道神宮の紅葉
日に日に秋深まる北海道
皆さん体調管理に気を付けていきましょう
インフルエンザ対策・対処にもファーストシードを活用できます
詳しくは後日にご案内致します

さて2か月ぶりにファーストシード交流会@釧路を開きます
 交流会@釧路Vol.14
 日 時:10月24日(土) 15時~17時 
 場 所:雑カフェあまむカフェスペース
      釧路市堀川町5-38
 参加費:無料 ドリンクorフードを1品オーダーお願い致します
     事前の予約は必要ありません
     途中参加・途中退席もOKです
 お願い:駐車スペースに限りがありますので
     出来るだけご友人同士で乗合いでお越し頂き
     向かいの公園駐車場にお停め頂くようお願い致します


交流会はファーストシードのセッションを受けられた方同士の交流の場です
皆さんで体験や感想をお話しして頂いたりします
私からは皆様の体験や感想について解説やご質問に応えさせて頂き
また最近の気付きなどもお話しさせて頂いています
この会で知り合いになって情報交換したり遠隔しあったりする
お友達を作られている方も多いですね
表面的なところだけでなく
その時には感じていなくても
後になってこの交流会が何かの切っ掛けになった方もたくさんいらっしゃいます
浄化が加速されたり
変容が起き始めたり
新たな気付きを得たり
現実が動き始めたり
ファーストシードのエネルギーを実感されるようになったり
ただ単に同じ空間で時を過ごして情報とエネルギーのシェアするに留まらず
進化を加速する機会でもあります

そして今や皆さんにとって最も楽しみになっているのが
会の後半に行っているエネルギー廻しです
輪(和)になってエネルギーを廻して遊ぶのですが
参加されている方のエネルギーが集積されて相乗的にお互いがヒーリングされます
そのエネルギーをご希望の誰かに送る強力遠隔ヒーリングも行います
例えばご実家のご両親やご家族やペットやお知り合いの方などへ届けてみませんか
普段1人で遠隔するエネルギーよりも数倍のパワーを贈れるのです
 
交流会ではファーストシードの体験・説明会も併せて行っています
ヒーリングなどライトエネルギー、ライトワーカーなど
スピリチュアルの世界に興味がある方もない方もぜひご参加下さい
エネルギーの無料お試しサンプルとして掌だけですが
ファーストシードのエネルギーをお繋ぎさせて頂きます
約数週の間はヒーリングなどエネルギーをお楽しみ頂けます
フライヤー(チラシ)やホームページではお伝えしきれないエネルギーを
その場で実際に体感して頂ける機会です
ぜひ百聞は一見に如かずです
受けられた方々の姿と声をダイレクトに感じてみて下さい
もちろん無料ですのでお気軽にご参加下さい

今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング

ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile QR Code
【2009/10/19 19:10】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0)
聖地阿寒の旅 摩周巡礼
◇聖地阿寒の旅◇
『序章』『雄阿寒岳登拝』『マチネシリ登拝』の続きで『摩周巡礼』です

10月12日
阿寒湖畔を離れ弟子屈(テシカガ)町摩周地区の
川湯温泉の外れの宿に泊まり12日の朝を迎えます
昨晩の満天の星空がまだ脳裏に焼き付いています
星星を眺めていた時に「摩周湖で日の出とともに祈りをしよう」とふと想いつきます
午前4時半に起床して準備をして5時に宿を出発です
ご来光を拝めそうな天候です
夜は暗くて気が付きませんでしたが
宿の目の前にはアトサヌプリ=硫黄山があって白煙をあげて
夜が明ける直前の空に浮かび上がっています
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 アトサヌプリ
摩周湖までは車で15分程度で到着
早朝にもかかわらず駐車場には20台近い数の車が停まっています
第3展望台にあがると地元のカメラマンが約20人
私も含め観光客らしき来訪人が10数名で賑わっています
気温は0℃位で湖面はうっすらと氷の膜が張っています
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 早朝の摩周湖
東の空が白々から紅く染まり始めてきました
湖越し正面の尖がった山は「カムイヌプリ」アイヌ語で「神の山」の名前が付いています
5時22分にカムイヌプリの左側から一筋の閃光が走り
集まっているギャラリーから一斉に歓声があがります
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 摩周湖のご来光1
ご来光を礼拝しながらファーストシードのエネルギーで天と地を繋ぎます
寒さからではなくナニかに感応して身震いが起きました
目を閉じて陽の光を身体と心と魂で感じていると
自分がそこに存在していながら居ないような
大地や風や光と融け込み一体になっているような感覚が広がったのでした
しばらくその感覚を楽しんでいると右手の方に陣取っている方々から声が聞こえてきました
気になってそちらへ移動してみると見事な光景を目の当たりにします
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 摩周湖のご来光2
カムイヌプリのダイヤモンドヘッドです
頂上から太陽が昇ってきます
ひと朝で2度のご来光礼拝です
またもや思わず手を合わせて拝んでしまいます
振り向けば朝日を浴びて頬を紅く染めている「雄阿寒岳」と「雌阿寒岳」
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 朝日を浴びる雄阿寒岳・雌阿寒岳
眼下にはアトサヌプリや藻琴山など屈斜路湖のカルデラを見渡せます
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 朝の屈斜路湖
遠くには雪をたたえた斜里岳の美しい山容も拝めます
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 斜里岳
霧の摩周湖とよく云われますが
この日の空は透明で上空には月も優しい光を放っています
空気は澄み渡り全てがキラキラと輝いていました
それ以上は言葉にならない崇高なエネルギーが漂い浸っていると
あまりの気持ち良さにアッという間に1時間が経っていました
日の出から時間が経って摩周湖の第3展望台には私一人だけです
ここに自分が在る事の奇跡に感謝して
神と仏が幸い給う世になりますようにと再び祈りを捧げてます
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 摩周湖のご来光3
いつまでも居たかったのですが
しばらくすると観光バスが到着したので引き上げる事にしました
宿に戻り露天温泉に浸かりました
脱衣所の傍らに小さな祠があり覗いてみると
「川湯神社」のお札が祀られていました
すっかり身体も温まり朝食を戴いてから
すぐ近くのアトサヌプリまで続く遊歩道歩いて行ってみます
昨日の寒さはどこへやら眩しい日差しでポカポカ陽気です
アイヌ語の「アトゥサ」=「裸である」と「ヌプリ」=「山」の意味
木が生えていないまさに裸の山そのものです
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 アトサヌプリ硫黄山
写真を撮ろうとした時にデジカメが不調となります
復活するまで電源のON/0FFを繰り返すこと十数回約10分以上要しました
宿に戻ってチェックアウトを済ませて・・・やはり気になります
摩周湖や宿のある辺りの氏神さんです
何かご縁を感じましたので「川湯神社」へ参拝する事にします
もともと屈斜路湖経由で阿寒へ向かう予定でしたので通り道です
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 川湯神社境内
「巨人・大鵬・卵焼き」かの名横綱「大鵬」が育ったのがここ川湯だったのですね
境内には屋根付きの立派な土俵があります
温泉街だけあってか手水舎の水は温泉がひかれています
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 川湯神社手水舎
この日は残念ながら出ていませんでした
参拝を済ませると1人の初老の男性に声をかけられます
私とほぼ同時に神社に到着して先に参拝をされていたSさんという方です
そして嬉しそうにあれこれ説明して下さいます
お話によると川湯出身で幼い頃から神社にご縁があり
獅子舞をされたりと熱心にご奉仕されていたそうです
数年前までは氏子の総代を務め土俵の屋根の葺き替えを奉納されたり
樹齢300年を超えるミズナラの木のご神木を病から救う指揮もされたとの事でした
聞けばこの日Sさんはお礼参りで来られたそうなのです
1ヶ月程前に脳溢血で倒れて心肺停止で病院に担ぎ込まれ一命を取り留め
お医者さんからは「神がかり的な奇跡です」と言われ
これはご神木を病からお救いした御利益に違いないと確信したそうです
後遺症も一切なくご自身で車を運転されて参拝に来られていました
神社や街の歴史など心温まるお話をたくさん聞かせて頂いて
楽しいひと時となりました
デジカメの不調が無ければお会いできなかったのですから
この方との出会いもまた奇しき出来事です
ご神木さんが計られたご縁だったかもしれませんね
病もすっかり治ったミズナラの木は青々とした葉を付け新芽を芽吹かせて
生気を取り戻して復活しています
地元の人々からは不老長寿のシンボルとして信仰されていますが
このSさんの逸話でさらに篤くなることでしょう
喜びのお裾分けありがとうございます
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 川湯神社ご神木
Sさんをお見送りして私も屈斜路湖畔に立ち寄りながら阿寒湖畔へと向かいました
その途中の展望台からは紅葉する雄阿寒岳の悠々たる姿と
その背後には雌阿寒岳も望めました
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 雄阿寒岳と雌阿寒岳
阿寒湖畔の入り口で赤信号で停車します
目の前の車のナンバーは「9999」
ラッキーと喜んだ瞬間に
その車の主が標茶町のファーストシード人Hさんと気付きます
なんともまた奇跡的な巡り合わせですね
阿寒を離れる前に雌阿寒岳=マチネシリさんと阿寒富士に
ご挨拶するべくオンネトー(=大きな池・沼)へ向かいました
そこにはひと際輝く美しい山容と湖が在りました
最後に旅のお土産にとご褒美を賜ったような感じがします
感謝の気持が心に満ち溢れ目頭が熱くなったのでした
今回の旅はたくさんご縁を結んで頂き
数え切ない奇跡を目の当たりにし多くのメッセージを賜り
全て恙無く整ったように感じます
オンネトーで感動の4日間を振り返りながら
皆さんへそのメッセージをエネルギーに乗せて遠隔でお贈りし
この地に集う神々や精霊に感謝の祈りをして帰路へと就いたのでした
聖地阿寒の旅 摩周巡礼 オンネトーからの雌阿寒岳と阿寒富士

今ここに在るすべてに
感謝
イヤイ ライ ケレ


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング

ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile QR Code
【2009/10/18 10:10】 | 登拝の旅 | トラックバック(0) | コメント(2)
聖地阿寒の旅 マチネシリ登拝
◇聖地阿寒の旅◇
『序章』『雄阿寒岳登拝』の続きで『マチネシリ登拝』です

10月11日
阿寒滞在3日目はもうひとつの阿寒岳
標高1499m「マチネシリ」=「雌阿寒岳」の登拝です
毎月のように訪れている釧路から雄阿寒岳といつも遙拝している山
そしていつかは登られて頂こうと想っているお山のひとつでした
昨年の今頃は火山活動が活発で入山規制していましたが
今は静かに噴煙をあげる程度の活動に落ち着いています
なので今回は雌阿寒岳を満喫するべく
野中温泉から登り雌阿寒岳頂上に至り
阿寒富士まで足を延ばしてオンネトーへと下山する
全行程約6時間の縦走コースのプランをしました
午前7時00分にこの日も「阿寒岳神社」へ参拝
聖地阿寒の旅 阿寒岳神社 社殿
社殿の修復も整って狛犬さんも新しくなっていますね
標高約400mの阿寒湖畔も紅葉が進んできています
この時点で気温は昨日同様+1℃で小雨が降っています
昼頃から晴れ間ものぞく曇りになるとの天気予報です
それにしても冷たい雨で昨日より空気が寒く感じられます
登山口の野中温泉までの移動途中で
「雷注意報発令中」の電光掲示がされていました
どうやら上空に寒気が入ってきて気圧が不安定になっているようです
と云う事は山の上の方は風も強くて・・・雪・・・吹雪かもしれません
登山口に着いても小雨模様で気温は0度です
野中温泉の看板犬コロロちゃんが居ます
彼女は毎日のように雌阿寒岳に1人(犬)で登っていると
雑カフェあまむのGoroさんが言っていました
それは登山道の安全確認をしているかのようなのです
今日はまだ玄関口に居ました
午前8時10分
いつものように山へ畏敬の心を以って入山のご挨拶をしてから登山開始です
聖地阿寒の旅 マチネシリ 登山口
入口には木と木の間に注連縄のようなものが張られています
登山名簿には既に3名程の名前が記されていました
3合目付近でその内の1人と思われる男性が下山してきましたが
雨合羽を持っていないのか軽装でした
上の状況をお聞きしようとしたのですが
歩き煙草をしていたので注意をしようとしたら足早に去って行ってしまいました
4合目に午前9時に到着
聖地阿寒の旅 マチネシリ 4合目
ここまでは順調なペースです
標高1000m近くなり森林限界点を越えてすっかり雲の中で周囲はガスに包まれています
小雨は雪交じりのミゾレになってきました
昨日雄阿寒岳から見えた様子からでは6合目付近から積雪を予想していましたが
早くも5合目で登山道は白くなり始めます
聖地阿寒の旅 マチネシリ 5合目
そんなところにここで年配の女性2人組が下山してきました
「積雪が多くて6合目を過ぎたところで引き返してきたわよ」
ここでも空から落ちてくるのはすっかり雪になってきました
どの程度の積雪か分からないのでとりあえず先へ進んでみる事にしました
少し歩くと道の脇にハイマツの枝でしょうか1本の棒が置いてあります
聖地阿寒の旅 マチネシリ ハイマツのストック
長さといい太さもストック代わりに丁度よさです
登山では第3の足と云われあれば重宝します
まるで「これを持って行きなさい」と差し出されたようなのでお借りする事にしました
何方か分かりませんがありがとうございます
さっきのお2人が言われていたように6合目の手前から雪深くなってきました
聖地阿寒の旅 マチネシリ 7合目
風も強くなってきて時折暴風となり身体のバランスを崩しそうになります
ところがハイマツストックのお陰で転倒せずに助かりました
登山道は昨日の日中の晴天で一度融けた雪が凍りついています
足を滑らせないように慎重に歩を進めていきます
聖地阿寒の旅 マチネシリ 8合目
8合目の辺りからはさらに雪深くなり岩に塗ってある目印のペンキは
着氷と積雪で見えなくなってきました
道に迷ったら大変です
昨日の足跡と所々でかろうじて確認できる目印を頼りに進んでいきます
この辺りに来ると横から下からすさまじい強風が吹き荒れてきました
ところが不思議と楽しくなってきて顔に笑みが浮かんできます
酸素がしっかりある標高ですし体力も使い果たしていないので
クライマーズハイではありません
暴風雪で極寒の過酷な状況下でありながら
心に幸せなエネルギーが満ちて踊っているのです
9合目を過ぎて火口壁の稜線に出ました
周囲に遮る物は何もなく吹きさらしになり立っているのもやっとの状態です
雪山用の靴底に付けるアイゼンは用意していません
足元はガチガチに凍りついて強風でズリズリと滑って飛ばされそうになります
右側3mは断崖絶壁で直下100mは噴煙をあげている火口です
少し進んだ所で暴風雪で目も開けていられない程に荒れてきて
前に進めずに立ち往生してしまいました
天気の回復を信じてここまで登ってきましたが
限界を既に越えてしまっているようです
阿寒に入る数日前に神羅レイキのY美子さんが言った言葉が思い出されます
「神々が集まっている時はそこへ人が近付けないよ」
まさに嵐で結界を張って人を寄せ付けない状態です
先程からの恍惚感は神議りのエネルギーに感応したのかもしれません
これ以上は決して進んではいけないのだと悟った私は
その場で山頂を諦めて勇気ある撤退を決めました
聖地阿寒の旅 マチネシリ 地図
印が山頂で印が引き返した箇所であと300m程で頂上でした
ここまで登らせて頂けた事の感謝の祈りを遭難しそうな状況下で捧げて
10時15分に下山し始めました
下山も難儀します
吹き上げてくる雪交じりの強風で目が痛くてとても開けていられません
ゴーグルもサングラスも持ち合わせていなかったので
掌で目を覆い指の隙間から視界を得ます
今さっき登ってきた自分の足跡も消えてきてルートを確認できません
記憶の中にある岩や石を頼りになんとか道を見失わずに下りていけました
雨合羽もペットボトルの水も凍りつき
露出している顔は霜焼けして唇と鼻が少しアカギレしています
おそらく-5℃位まで下がっていたのでしょう
体感温度はもっと寒かったですけどね
聖地阿寒の旅 マチネシリ 暴風雪
7合目まで戻ると風も少し落ち着いてきたのでひと休みする事にしました
登ってくる皆さんに状況を報告するとそこで引き返していきます
すると年配のご夫婦がアイゼンを付けて登ってきました
すぐ後ろに野中温泉の看板犬コロロちゃんが追走しています
この2人を抜かそうとせず一緒に登ってきたそうなのです
きっと心配で傍に付いて見守っていたのでしょう
この日の遭難のニュースは無かったので皆さん無事だったようです
きっとその2人はコロロちゃんに止められて下山したのでしょう
私も12時20分に野中温泉登山口に戻ることができました
ハイマツのストックに感謝です
下界も雪交じりの霙ミゾレで冷たい風が強く吹いていました
野中温泉に浸かり身体を温めてから阿寒湖畔に戻りました
昨日に続き『ポロンノ』さんに立ち寄って
温かい汁物「チェップオハウ」と「アマム」のセットを戴きました
この汁は鮭と野菜を昆布と塩味で煮込んでいてとてもあっさりしていて美味です
石狩鍋のルーツと云われるアイヌ料理の代表格
美味しい食事とマスターや他のお客さんとの談笑ですっかり身体も温まり
生きている喜びと満足感と充実した気持ちに満たされて
この日の宿がある川湯温泉へと向かったのでした
「マチネシリ=雌阿寒岳」は躍動感に溢れ一見激しさが際立ちますが
温かい愛に包まれた優しい感じがする山でした
夜になると次第に天候が回復してきて空には満天の星が輝いてました
聖地阿寒の旅 摩周の☆空

『聖地阿寒の旅 摩周巡礼』へ つ・づ・く・・・

今ここに在るすべてに
感謝
イヤイ ライ ケレ


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング

ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile QR Code
【2009/10/16 10:10】 | 登拝の旅 | トラックバック(0) | コメント(2)
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳登拝
◇聖地阿寒の旅◇
『序章』
の続きで『雄阿寒岳登拝』です

10月10日
午前5時20分に先ずは宿のすぐ前の「阿寒岳神社」へ参拝です
聖地阿寒の旅 阿寒岳神社
まだ日の出前ですから静かな境内で1人ご挨拶をさせて頂きました
気温は+1℃で空は低い雲に覆われています
予報では曇り後晴れです
車で登山口まで移動すると東の空が赤く染まり始めています
聖地阿寒の旅 朝焼け
午前5時50分
日の出直後に登山開始
入山届ノートにはまだ誰の名前も書かれていませんからどうやら一番乗りです
凛とした空気は心地良く感じられます
遠くでさえずる鳥の声が聞こえる静寂の中を歩きます
2合目付近で鹿に遭遇しましたが
群れのボスらしき凛々しいオス鹿がこちらを威嚇するように鳴きました
まるで犬の遠吠えのようで初めて聞く声です
阿寒の山は秋深まり紅葉しています
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 紅葉
3合目を過ぎた頃からうっすらとガスに覆われてきて霧雨になってきました
熊笹などの葉も露がついていて木々からも滴が落ちてくるので雨合羽を着用します
天候は天に任せて私は準備を整え状況に対処しながらただ登らせて頂くだけなのです
おそらく0℃近い気温ですが汗ばんできます
行程の6割ほどの4合目を過ぎると登山道が白くなっています
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 登山道
やはり昨夜の雨は山では雪だったのです
今シーズンの初冠雪に登るなんてお目出度いじゃありませんか
足跡の無い新雪の登山道は白いバージンロードのようです
早起きのご褒美ですね
5合目にさしかかる頃にだんだん明るくなり青空が見えてきました
標高は1000mを越えていますから雲の上に出たのかと思ったのですが
雲が一掃され始めてきて下界も遠方も見渡せます
着氷する木々の枝の隙間から明日登拝する「雌阿寒岳」と「阿寒富士」が望めます
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 初冠雪の雌阿寒岳
「雌阿寒岳」も初冠雪しています
里に下りてからニュースで知りましたが
阿寒の山の冠雪は平年より6日程早ったのですね
山頂方向の展望が開けてくると真っ白になっていて
雪化粧をしてお出迎えして下さっています
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 雪化粧する山頂付近
この辺りは適切3cm程度で凍っていませんから危なくなく歩けます
凍りついたハイマツなどの枝が登山道を塞いでいて難儀します
6合目を過ぎると少し雪深くなってきました
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 凍てつくと参道と木々
空はだんだん澄み切って陽射しも眩しくなってきました
サングラスを車から持ってくればと後悔しても先にたたずです
7合目にさしかかり勾配も緩やかになってきました
頂上付近の火口壁も間近です
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 火口壁と太陽
少し手前の辺りから雪が積もる登山道に突然足跡が現れました
私が一番乗りではなく先客が居たようです
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 足あと
足跡の主は幸いにして熊ではなくおそらくキタキツネのようです
積雪で道が不鮮明になっているガレ場では
迷わずにその足跡に導かれるように登れたのでした
キタキツネさんに感謝です
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 9合目の火口原
9合目に到着
火口原の先の切り立つ崖の上が山頂です
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 頂上
9時25分に標高1370.5mの「雄阿寒岳」頂上に到着しました
風もほとんどなく快晴ですがきっと気温は氷点下でしょう
正月元旦の朝のような空気に包まれています
独立峰のなので360度の眺望も開けていて
眼下にパンケトーとペンケトー
雌阿寒岳と阿寒富士
南に釧路市街
東方向にはに摩周湖のカムイヌプリや
屈斜路湖付近のアトサヌプリや藻琴山その先の斜里岳
西へ目を向けると空には下弦の月が輝き
遠くは大雪山系や日高の山々が雪を湛えている姿まで見通せ
それはそれは美しい絶景です
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 上空の雲
上空には様々な形の素敵な雲が次から次へと湧いてきては漂い流れていきます
まるで神々が天から舞い降りてきているかのようです
いつものように感謝のご挨拶をして
10月10日10時10分から10分間
ファーストシードのエネルギーで天と地を繋ぎながら祈りを捧げたのでした
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 10月10日10時10分10秒の太陽
心の芯の温かさがまた増した感覚がまたありました
そして心の中に『愛』『循環』という言葉が湧いてきました
その他にも言葉にはならないエネルギーを賜れたようです
祈りの終わりにその感動と喜びの波動を遠隔で贈りました
家族や知人やファーストシードを受けられた全ての方々へ
お陰様で10時30分に頂上を去るまで1時間もの間贅沢にも1人で過ごせました
9合目付近で登ってくる人と出会ってからは
連休の初日だけあって10人ほどの方とすれ違いました
「日の出とともに登る」の理由の一つだったのかもしれませんね
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 エゾシマリス
下山途中でまたもやエゾシマリスさんと出会い労って頂きました
明日(11日)の雌阿寒岳登拝に備えてゆっくりペースで下山
13時10分に登山口へ無地に戻り雄阿寒岳登拝のオツトメは整ったのでした
宿に戻り神社温泉で汗を流し身を清めてから
阿寒アイヌコタンにある『ポロンノ』さんに伺いました
以前のブログ『阿寒の神々 その2』でご紹介してますね
今回はファーストシードの新しいフライヤー(チラシ)を置かせて頂きました
また昨夜のお礼とMさんにご連絡したら
わざわざ来て頂いてマスターと3人で談笑したのでした
その会話で『愛』『循環』という言葉が
マスターから何度も発せられるという稀に起きる奇しきシンクロがあったのです
そのふたつの言の葉をあらためて脳に刻み込み心に浸透させたのでした
聖地阿寒の旅 阿寒湖と夕陽で朱く染まる雄阿寒岳
朱色に染まる雄阿寒岳と阿寒湖の神々と精霊に感謝の祈りを捧げたのでした
アイヌ語で「アカンピンネシリ」=男山を意味する雄阿寒岳は
今は火山活動を終えて静かに躍動しながらも
圧倒的な雄大さを誇る威厳に満ちた勇ましい山でした
この日阿寒湖畔で行われたアイヌの方々のまりも祭りは
午前10時から始められたそうです
それは私がピンネシリの頂上でちょうど祈りをしていたその時でした
後からそんなシンクロがあった事を知りさらに感動が深まったのでした
明日はアイヌ語で女山を意味する「マチネシリ=雌阿寒岳」の登拝です
天気予報は雨のち曇りですが天に任せて参ることにしまょう

『聖地阿寒の旅 マチネシリ登拝』へ つ・づ・く・・・

今ここに在るすべてに
感謝
イヤイ ライ ケレ


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/10/14 10:10】 | 登拝の旅 | トラックバック(0) | コメント(0)
聖地阿寒の旅 序章
それは今月1日のブログ『平成二一年己丑・神無月』を書いている時でした
「10日に阿寒へ行こう」と閃いたのです
当然の事ながら閃きに理由は有りませんが
行くなら念願の『雄阿寒岳』と『雌阿寒岳』への登拝をしようと想ったのでした
その数日後に神羅レイキのY美子さんにその話をしたところ
「10日から阿寒周辺に神々が集まるから
 ご神気を頂きながら感謝の祈りをさせてもらいに行ってきたら」

「10日の日の出の前に阿寒岳神社へ参拝して
 日の出とともに雄阿寒岳を登り始めるように」
とのメッセージ
日の出時刻は5時半頃ですが雄阿寒岳は往復で約6時間はかかります
お昼過ぎから雌阿寒岳を登るのも可能ですが
阿寒富士へも足を延ばしてみようと思っていたのでその旨を告げると
「翌日で良い」との言葉を頂いたので
9日に入って2泊3日の旅・・・
ところが「摩周湖へも行くように」とのメッセージも加わり
阿寒の旅は3泊4日と相成ったのです
そういえば昨年の今頃に釧路の雑カフェあまむのGoroさんも
阿寒へ行かれていたなと思い出しブログ『阿寒参り』を見てみたら
10月9日に雄阿寒岳で10日に雌阿寒岳へ登られていました

先日のブログ『十月十日 産』で記しましたように
9日に札幌を発ち愛車森人を駆って阿寒湖畔へと向かったのでした
台風18号が8日の夜から9日の早朝にかけて北海道の南沖の海上を通過しましたが
幸いお昼頃には雨も上がって曇り空の下を移動できました
台風一過で北海道各地は10月下旬並みの寒気が入り冷え込んで
この日は初氷や初雪などの冬の便りが例年より少し早く届いています
移動途中の「日勝峠」でも道路に積雪があったり
然別湖周辺の山々も白くなっていました
阿寒の旅 9日午後の雪化粧した雌阿寒岳
ところが夕方4時過ぎに足寄町を過ぎた辺りから雨が降り始めました
その雨は阿寒湖畔に到着すると本降りになって
冷たい風も吹いてきて気温はグッと下がり+2℃です
日も沈み寒くなってきました
この気候ですと阿寒湖周辺の山の上の方は・・・積雪かもしれません
案じても仕方ありませんのでいつものように天にお任せします
ネットで予約したホテルは昨年のGoroさんと奇しくも同じです
荷を解き阿寒湖畔の町へ出ると普段より賑やかに感じたのです
連休前の金曜日というのもありますが
どうやらこの日から行われていた「まりも祭り」の影響が大いにあったようです
今年の7月のワークセッション@阿寒湖畔の際にお会いした
ここに在住のMさんを想い出したので連絡してみました
すると「お祭りで親戚達が集まっているから良かったら来ませんか」と
お誘いを受けたのでした
神々が集いし地で
まりも祭の宵にアイヌの方々とのご縁を頂き
そして7名の方の掌にファーストシードのエネルギーをお渡したのです
その時から自分の胸の辺りから湧きでるエネルギーが以前よりも温かく感じたのです
何かに感応し共鳴して私の魂が喜びに満たされているようです
皆さんとの楽しいひと時をまだまだご一緒させて頂きたかったのですが
翌朝が早いので20時過ぎに自ら後ろ髪を引きながら宿へと戻ったのでした
宿の温泉はかけ流しで温泉分析表には源泉名「神社温泉」と書かれています
目の前の「阿寒岳神社」の境内から湧出しているのです
神社は小高い丘の上に鎮座しています
一説によるとその場所はアイヌの祭祀場であり
直ぐ近くにはかつて巨大なストーンサークルもあったそうなのです
そんな清浄な場所から湧き出る聖なる温泉で
身体も心も魂も祓い清められ禊がれて癒されました
翌日への期待の想いを懐き
心は感謝に満たされて24時頃に床に就いたのでした

『聖地阿寒の旅 雄阿寒岳』へつ・づ・く・・・

今ここに在るすべてに
感謝
イヤイ ライ ケレ


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/10/13 10:10】 | 登拝の旅 | トラックバック(0) | コメント(2)
十月十日 産
旧暦の10月10日
神在月の出雲大社では神々をお迎えする神迎祭があります
「稲佐の浜」の浜辺に御神火が焚かれて龍蛇(海蛇)を
神々の使者としてお迎えするそうなのです
今年は11月26日に行われます
さてグレゴリオ暦の10月10日の本日
ここ北海道の阿寒湖では「まりも祭り」が行われます
アイヌの方々のお祭りで
北海道内をはじめ全国各地から馳せ参じていらっしゃるようです

この素晴らしき日にこの地に居られるのに喜びを感じ感謝感激です
ファーストシードのエネルギーに無償の愛と感謝をのせて
神・仏が幸い給います世になりますように

阿寒の旅の模様はまたあらためてご報告を致します

十月十日(とつきとおか)と読むと・・・
今日はそんな日でもありそうですね

台風一過
阿寒湖周辺は晴れています
阿寒湖から雄阿寒岳

このコラムのエントリーナンバーは『369』

今ここに在るすべてに
感謝
イヤイ ライ ケレ


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/10/10 10:10】 | ひとり言 | トラックバック(0) | コメント(0)
はんなり京都の旅 総括編
9月22日~27日の京都の旅のご報告『はんなり京都の旅』
『その-1』『その-2』『その-3』『その-4』『その-5』の続きで
『総括編』です

9月26日のワークセッション最終日も無事に完了して
今回の京都でのセッションはお陰様で恙無く整いました
奇しくもこの日は旧暦の8月8日だったのです
受けられた5名の方々は夫婦2組を含むご家族です
おひとりお1人のファーストシードに興味を持たれたものは様々でした
「霊性を高めて新たな領域へとシフトしたい」
「人のエネルギーの影響を受けないようにから自分を守りたい」
「スムーズに事が運ぶようにしたい」
「自己解放をして軽くなりい」
「ライフワークを見つけたい」
「夢を実現させたい」
「ヒーリングが出来るようになりたい」
「家族と共に喜びの中に在りたい」

ほかにも幾つかの想いが5人の皆さんから感じられました
今回はこれまでのワークセッションの縮図のようであり
新たなステージの幕開けのようだと想います
感謝と喜びと祝福のエネルギーに包まれた4日間でした
この5人の皆さんだけでも集まれば何時でも何処でも
身内でエネルギーを集積させて強力に廻すせます
これは素晴らしいことです
京都にファーストシードのコミュニティが誕生したかのようです
それぞれのご家族をはじめお仕事のお客様やそこに携わる方々
その他にも地域の人々へとこの皆さんから波及効果が及んでいくでしょう
そしてまた新たなファーストシードの輪(和)が広がり
大きななっていくような予感がします
約2年半振りの京都でのワークセッションは
奇しき縁によって運ばれたとも感じています
セッション初日の朝に参拝した『鞍馬寺』
その『奥の院』からまっすぐ南へ向かうと
今回のセッション会場の美容室がその線上にあります
これは偶然ではないでしょう
鞍馬寺から北上すると福井県小浜市で
南はの端は和歌山県の潮岬に通じるラインになります
余談ですが台風18号はこの潮岬をかすめて紀伊半島東岸を進み
10月8日に愛知県の知多半島付近から上陸しました
これまで記してきましたように京都滞在中は
いくつかのご縁のある寺社へと参拝させて頂きました
何の脈絡も意図もそこにはなかったのです
しかしながら結果的には何かの流れがあり運ばれたようです
『鞍馬寺』は平安京の大内裏の北東・鬼門であり
室町時代以降の現在の京都御所の真北に位置しています
『船岡山』は平安京の四神相応の北の玄武の象徴です
『松尾大社』に参拝した折に「京都五社めぐり」のポスターを目にしました
今の京都の四神相応の所縁の神社を廻る観光キャンペーンです
それによると北の「玄武」は『賀茂別雷神社』
南の「朱雀」は『城南宮』
東の「青龍」は『八坂神社』
西の「白虎」は『松尾大社』とあります
『城南宮』以外は参拝しているのです
これも偶然ではないでしょうね
セッション2日目は車で移動しましたが
その際に『城南宮』のすぐ脇の国道を走っていたのでした
機会があればいずれ参拝させて頂こうと想っています
ワークセッションを終えた翌27日は京都を離れる前に『東寺』へ参拝して
この旅のご報告と感謝のご挨拶をさせて頂き祈りを捧げてきました
全日程で交通機関の乗り継ぎなど全ての運びが順調に流れていました
神・仏・ご先祖様のご加護が在ってこそと
本当にお陰様だなぁと感じた旅でした
何時の日か再び京都でのワークセッションを開催します
その他の地域でも何れ然るべき時が訪れると実現出来るでしょう
1年半振りに訪れたこの地に温かく迎えられたように想います
全て整い札幌への帰路に就いたのでした
そんなはんなり京都の旅だったのです
京都東寺 上空の雲
平安京を鎮護する『東寺』の上空には素敵な雲が舞っていました

今ここに在るすべてに
感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/10/09 08:08】 | ご報告 | トラックバック(0) | コメント(0)
2周年
いつもファーストシードのブログをご覧頂き
誠にありがとうございます

お陰様で本日10月8日で2周年を迎える事が出来ました

ワークセッションを受けられた方々や
これから受けられる皆様へ
日日の気付きや感じた事などを記してまいりました
皆様からのコメントやメールや直接お会いして賜る言葉に
支えられて励まされながら続けさせて頂いております
神仏とご先祖と皆様と共にここに在る事に喜びを感じ
「お読み頂いている方々が幸わい給いますように」との
祈り込めながら言葉を綴って
ファーストシードのエネルギーに乗せて
今後もお届けして参ります
どうぞ宜しくお願い致します
北海道神宮 日輪と彩雲

この日を迎えられ
今ここに在るすべてに

感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif


【2009/10/08 12:34】 | ごあいさつ | トラックバック(0) | コメント(3)
はんなり京都の旅 その-5
9月22日~27日の京都の旅のご報告
『はんなり京都の旅 その-1』『はんなり京都の旅 その-2』
『はんなり京都の旅 その-3』『はんなり京都の旅 その-4』
続きで『その-5』です

9月26日ワークセッション4日目いよいよ最終日です
この日はカミさんを伴って午前中からご挨拶参りをしました
まずは京都市内の西の『松尾大社』へ参拝です
京都松尾大社 大鳥居
こちらへは記憶する限りでは初めてではないかと想われます
念願が叶って参拝と相成りました
ご祭神は『大山咋神(オオヤマグイノカミ)』と『市杵島姫命(イチキシマヒメノミコト)』
京都最古の神社のひとつとされていて太古にこの地に住んでいた民が
神社背後の松尾山の磐座に神霊をお祀りしたのが起源とされています
5世紀頃に渡来してきた秦氏がその神を総氏神と仰いで
701年に社殿を創建したそうです
江戸末期までこのお宮の歴代宮司は秦氏が務めていたのです
またもや秦氏一族です
『船岡山』にも彼らが信仰していた磐座と『稲荷社』がありました
映画の撮影所で有名な「太秦」はこのお宮の近くにあり秦氏と縁がある地です
『松尾大社』には亀の伝説がありご神使とされています
手水舎には亀さんが水を注いでくれています
京都松尾大社 手水舎の亀さん
社殿裏手には「亀の井」というご神水が湧きでる出る井戸があって
延命長寿・蘇りの水として有名です
多くの酒造家がこの水をお酒の元水として造り水に混ぜているようです
また秦一族は醸造の技術にも長けていてこともあり
お酒やお味噌やお醤油やお酢など醸造業者から
醸造祖神(ジョウゾウノオヤカミ)として崇敬されています
京都松尾大社 社殿と松尾山
社殿の奥に見える山は磐座がある松尾山
別名は『別雷山(ワケイカヅチヤマ)』と云います
かつては禁則地で一般人が立ち入れなかったのですが
今は入山が許されていて往復70分程で登拝できるのです
残念ながらこの日は時間に余裕が無かった為に次回へと持ち越しです
気温は30度を超えて暑つく汗ばむ程でしたが
山から涼しい風が吹いていて心地良かったです

電車とバスを乗り継ぎ続いて向かったのは京都市内の北に位置する
山城の国の一宮(イチノミヤ)『上賀茂神社』です
京都賀茂別雷神社 拝殿
正式名称は『賀茂別雷神社(カモワケイカヅチジンジャ)』と云い
ご祭神は『賀茂別雷神(カモワケイカヅチノカミ)』です
松尾大社の磐座が鎮座する山の名前と同じ神様をお祀りしているのですね
ご神紋(神社の社紋)も「二葉葵(フタバアオイ)」で同じなのです
京都賀茂別雷神社 ご神紋京都賀茂別雷神社 二葉葵
両神社は平安時代には皇城鎮護の社とされて賀茂の厳神・松尾の猛霊として
崇敬されてきた歴史をもちます
元々この地には古代から続く日本の氏族のひとつ賀茂一族が住んでいて
現在の『賀茂別雷神社』の北北西にある『神山(コウヤマ)』に降臨した
別雷神をお祀りして神社を建てたのが始まりとされています
こちらの神社のご神体は『神山』なのです
神官の方がその神話伝説のくだりをご説明して下さいましたが
どうやらそれ以前に山=磐座をお祀りする原始信仰が元になっているようです
ちなみに賀茂氏の始祖である『賀茂建角身命(カモタケツヌミノミコト)』は
古事記の冒頭に登場する『神産巣日神(カミムスビノカミ)』の孫にあたり
神武天皇の東征の際に八咫烏に化身して道案内をしたという伝説があります
八咫烏はサッカー日本代表のマスコットとしてユニフォームにも刺繍されていますね
また賀茂氏は陰陽師の宗家であり秦氏一族とも縁が深かったようです
京都賀茂別雷神社 立砂と結婚式
円錐形の砂の山は『立砂(タテスナ)』といって頂点には松の葉が立てられています
ご神体の『神山』を形どっていて神が下りてきてより憑(ツ)く処とされています
約2年振りの参拝で夫婦では初めて参りました
夏のような陽射しが照りつける秋晴れの下結婚式が行われていました
神社へ参拝して結婚式に遭遇して良き縁起を賜りました

続いて向かったのは同じく山城の国の一宮
『下鴨神社』正式には『賀茂御祖神社(カモミオヤジンジャ)』です
ご祭神は『賀茂建角身命(カモタケツヌミノミコト)』とその妻『玉依媛命(タマヨリヒメノミコト)』です
京都賀茂御祖神社 鳥居と神門
賀茂氏の始祖の神であり『賀茂別雷神』の両親をお祀りするので「御祖(ミオヤ)」なのですね
京都三大祭りの「葵祭り」は両社のお祭ですから
『上賀茂神社』と『下鴨神社』は二社でひと組のようです
両社とも世界文化遺産に登録されていますし
厄除け・縁結びの神様として篤い崇敬があり多くの参拝者が訪れています
こちらでも結婚式が行われていてまたもや良き縁起を賜りました
この神社の境内に「糺の森」という東京ドームの3倍の広大な杜があります
ここは平安京が造営される以前の原生樹林の森林が唯一今も残されています
数年前に発掘調査が行われて古代の祭祀場跡が出土しています
京都賀茂御祖神社 糺の森古代祭祀場跡
私の亡き父の実家がこの近くにあり「糺の森」は幼き頃の遊び場だったのです
夕方4時以降は1人では遊ばないようにと父に言われて
慌てて家路へ急いだあの日の姿が思い出されます
「糺の森」には七不思議がありますが
当時の私にはもっと不思議がある場所だったのでした
続いて摂社の『玉依媛命』をご祭神とする『河合神社』を参拝
京都河合神社
こうしてこの日のご挨拶廻りを無事に締めくくり整えられたのでした
「糺の森」は幼き頃のままの景色が今も広がっていて温かく迎えてくれました
まるでタイムスリップしたかのような錯覚でした
京都賀茂御祖神社 糺の森
この日もその御神気を纏いセッション会場へと運んだのでした

『はんなり京都の旅 総括編』へとつづく・・・

今ここに在るすべてに
感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/10/07 23:23】 | ご報告 | トラックバック(0) | コメント(0)
ワークセッションスケジュール10月号
ひと雨ごとに秋深まる札幌
吹く風も少しずつ冷たくなってきました
木々の葉も少しずつ色づき始めてきます
季節の変わり目は体調管理に気をつけましょう
予防接種や薬には頼らずに
「来年の春まで風邪をひかないと決め
実際に風邪をひかずに春を迎えている喜びの心を想像=創造します
日日の気付きによってその日を迎える事が出来るでしょう

さて今後のファーストシード・ワークセッションのスケジュールをご案内致します
暫定的ですが3ヶ月先までの掲載致します
連休などを利用してワークセッションをとお考えの方々からの
のご要望にお応えさせて頂いております
その時々の流れに任せてフレキシブルにまいります
10月1日(土)~8日(木) 札幌市
   上記期間でご希望の日時を3日間をお選び下さい
   ※一部日程で定員残枠若干名となっています

10月9日(金)~12日(月) 阿寒湖畔
   上記期間でご希望の日時を3日間をお選び下さい
   ※2名様限定 残枠1名様

10月13日(火)~20日(火) 札幌市
   上記期間でご希望の日時を3日間をお選び下さい
   ※一部日程で定員残枠若干名となっています

10月21日(水)~24日(土) 釧路市
   上記期間でご希望の日時を3日間をお選び下さい
   ※定員残枠5⇒2名様

10月25日(日)~27日(火) 帯広市(予定)
   上記の3日間でご希望の日時をご指定下さい
   ※定員残枠3名様

10月28日(水)~11月24日(火) 札幌市
   上記期間でご希望の日時を3日間をお選び下さい
   ※一部日程で定員残枠若干名となっています
   ☆10月30日は萬良しの天赦日です
    この良き日にファーストシードに繋がり運気をさらにアップしてみませんか
    28日~30日は今月最良の3日間です
   ☆11月21日(土)~23日(月)勤労感謝の日の連休でワークセッションもGoodです

11月25日(水)~28日(土) 釧路市(予定)
   上記期間でご希望の日時を3日間をお選び下さい
   ※定員残枠5名様

11月29日(日)~12月1日(火) 帯広市(暫定)
   上記の3日間でご希望の日時をご指定下さい
   ※定員残枠3名様

12月2日(水)~12月15日(火) 札幌市(予定)
   上記期間でご希望の日時を3日間をお選び下さい
   ※各日程で定員枠がございますのでお早めにお問い合わせ下さい

12月16日(水)~19日(土) 釧路市(予定)
   上記期間でご希望の日時を3日間をお選び下さい
   ※定員残枠5名様

12月20日(日)~22日(火) 帯広市(暫定)   
   上記の3日間でご希望の日時をご指定下さい
   ※定員残枠3名様

12月23日(水)~29日(火) 札幌市(予定)
   上記期間でご希望の日時を3日間をお選び下さい
   ※各日程で定員枠がございますのでお早めにお問い合わせ下さい

上記スケジュールは変更する場合がございます
  先着順で予約を承っておりますのでお早めにお問合わせ・お申込み下さい
  札幌の開催期間中でもご要望がありましたら
  催行人数2名様以上で北海道内各地で出張開催致します
  北見、網走、知床、旭川、函館などの各エリアの方から
  お問合せを頂いており開催へむけ調整検討中です
  お近くの方はこの機会にぜひお問い合わせ下さい
  釧路や帯広も上記の開催日以外でも承りますのでご相談下さい
  11月頃に然別湖畔でのワークセッション&ワークショップなども
  企んでおります
  
  引き続き関東およびその他の地域での
  ワークセッションは見合わせております
  ご希望の方はご面倒でも北海道内各地でお願い致します
  受けられる方々にとって最良の流れの中で
  ワークセッションを開催していきたいとの想いからです
  ご不便をおかけ致しますがどうぞご理解の程宜しくお願い致します
  北海道は爽やかな秋から冬へと季節は移ろいていきます
  美味しい空気と心地良いエネルギーの流れを感じながら
  山の幸をはじめ海の幸魚介類などこの時季にしか味わえないもの
  また数多くの体感できない事を堪能しながら
  ワークセッションを受けてみてはいかがでしょう
 
  東京方面・関西方面からのご予約も頂いております
  航空券+ホテルのパックツアーで2泊3日でも2万円台から
  安いものがあるようです
  
ワークセッション開催の各地域で説明・体験会(無料)を随時行っております
  ファーストシードの概要説明とエネルギーのサンプルとして
  掌から一時的にエネルギーが出るように致します
  数日~数週間はヒーリングなどお楽しみ頂けます
  ご要望がありましたらお問合せ下さい

ワークセッションの詳細は ホームページ・スケジュール をご覧下さい
  携帯版はこちら 携帯版ホームページ・スケジュール

お問合せは お問合せメールフォームよりお願い致します

ファーストシードの高次元のエネルギーに繋がり
多くの気付きを得て新たな領域へとシフトして生きましょう

今ここに在るすべてに
感謝

∞ Information ∞
同時遠隔プロジェクト展開中
 詳しくはこちら 同時遠隔ホームページをご覧下さい


ブログランキングをクリックお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/10/06 10:19】 | セッション開催日程 | トラックバック(0) | コメント(0)
はんなり京都の旅 その-4
9月22日~27日の京都の旅のご報告
『はんなり京都の旅 その-1』『はんなり京都の旅 その-2』『はんなり京都の旅 その-3』
続きで『その-4』です

ワークセッション2日目の24日
午前中に『建勲神社』と『千本釈迦堂』など西陣周辺を訪れ
午後になってからワークセッションを行う精華町へと向かいました
この日は終了時刻が深夜0時を過ぎるので京都駅からレンタカーを借(駆)ります
シルバーウィークの連休も明けた平日ということもあって
想定よりも早めに現地に到着しそうです
そこで急に想いつきます
「氏神様の社へご挨拶をしよう
初日の日にセッション会場へ向かう途中で見かけた
鳥居の神社に参拝しようと想ったのでした
いつもワークセッションを行うその地域の氏神神社へ参らせて頂いて
感謝のご挨拶と受けられる方々とその土地のご多幸(光)をお祈りしています
もちろんファーストシードのエネルギーを通しながら
こちらでも参拝する機会が出来て一安心です
この日のセッションが15時30分からの予定でしたが
14時55分にその神社『稲植神社』に到着です
京都精華町 稲植神社
ご祭神は『建速須佐男命(タケハヤスサノオノミコト)』
末社『八王子(ハチオウジ)神社』にはその御子の『五男三女の神(ゴナンサンジョノカミ)』
同じく『四の宮』には春日大社の『天児屋根命(アメノコヤネノミコト)』『経津主命(フツヌシノミコト)』
『武甕槌命(タケミカヅチノミコト)』『比霊命(ヒメノミコト)』がお祀りされています
私や今回のセッションを受けられる方ともこれまたご縁の深い神社でした
東京都下の市の名前にもなっているこの『八王子』とは
神仏習合の時代に『建速須佐男命(タケハヤスサノオノミコト)』と同一神とされていた
『牛頭天王(ゴズテンノウ)』の御子さん達の事です
そのうち『三女神』は『宗像三神(ムナカタサンシン)』と呼ばれ『辨財天』と習合されています
由緒書によればこの神社の5世紀頃に
『牛頭天王(ゴズテンノウ)』をお祀りして『祇園社』として創建されてようです
京都の『八坂神社』の元宮なので『元・祇園』と呼ばれるいるようです
境内摂社の『稲植三宝大荒神社』は今もその『牛頭天王』をお祀りしています
『稲植神社』の7月のお祭りも京都『八坂神社』のお祭りと同じく『祇園まつり』なのです
源平の合戦や応仁の乱などの戦火で焼失して衰退してしまったようですが
古の時代に祇園精舎の守護神『牛頭天王』をお祭りする
祇園信仰の篤い聖地であっただろう処に建つお社だったのでした
今度はゆっくりと参拝させて頂こうと想いながら
足(車)早に接会場へと向かったのでした

ワークセッション3日の25日
この日の午前中は前日の繋がりから予定を変更して
京都東山祇園の『八坂神社』を参拝しました
京都祇園 八坂神社西楼門
7月の例祭『祇園祭』は京都三大祭り、日本三大祭りにあげられているので有名ですね
平安京の北の基点となった『船岡山』は
風水学の四神相応(シジンソウオウ)の北の玄武(ゲンブ)の象徴
『八坂神社』は東の青龍の象徴である鴨川の東側に位置していて
この地の池が青龍が宿る龍穴(リュウケツ)と云われています
社殿はその池の上に建てられているのです
手水舎の水は「ご神水(コウスイ)」と呼ばれ美肌になると女性に人気が高いようです
ご祭神は『素戔嗚尊(スサノオノミコト)』(日本書紀の表記)と
その妻神『櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)』と
御子神『八柱御子神(ヤハシラミコカミ)』
先に記した『八王子神』の事で『天照大神』と『素戔嗚尊』との
「誓約(ウケイ)」によって産まれた神々なのです
今年は『素戔嗚尊(スサノオノミコト)』所縁のお宮を例年になくお参りしています
これまたご縁できっと何か意味があるのでしょう
日本神話でヤマタノオロチを退治した英雄として
災いや厄を祓う神とされています
荒々しい面がありとかく異端的な神とされていますが
愛が深くとても繊細で優しい感じがするのは私だけでしょうか
神社創建に至る詳しい経緯などは現在は不明のようですが
昨日の訪れた『稲植神社』から分祀した説もあり
西暦656年に渡来人の「八坂造(ヤサカのミヤツコ)」(伊利之使主[イリシノオミ])一族が
お祀りしたのが起源とされています
かつてはこの一帯に神仏習合の『観慶寺』という寺院があって
その境内の『天神堂』または『感神院』が
現在の『八坂神社』の前身の『祇園社』にあたるようです
平家物語の冒頭「祇園精舎の鐘の声~」はこのお寺の鐘の音だったかもしれませんね
祇園界隈の散策と清水寺への参拝は次回に持ち越して
ワークセッション会場へと向かったのでした

『はんなり京都の旅 その-5』へとつづく・・・

今ここに在るすべてに
感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/10/05 18:18】 | ご報告 | トラックバック(0) | コメント(0)
はんなり京都の旅 その-3&観月祭
9月22日~27日の京都の旅のご報告
『はんなり京都の旅 その-1』『はんなり京都の旅 その-2』の続きで
『その-3』です

ワークセッション@京都は2日目以降も毎日午後からのスタートでした
それまでは時間がたっぷりとあります
なので連日朝からご縁がある寺社などへご挨拶参りが出来ました
有り難き事 お陰さまです
今回はお彼岸中の久しぶりの京都帰郷という事もあってなのか
ご先祖供養に通じる所を中心に廻るように結果的になりました
24日にまず向かったのは『建勲神社』です
正式には「たけいさおじんじゃ」ですが「けんくんじんじゃ」と一般的に呼ばれています
京都船岡山 建勲神社境内
これまで何度も訪れていますがほとんどが雨模様(雪も)でした
この日は快晴の下で久しぶりに参拝です
こちらのご祭神は「天下布武」の『「織田信長』と嫡男『織田信忠』
本能寺の変の後に豊臣秀吉が信長公の廟所と定めた場所で
明治時代になって神社が建立されたそうです
建勲神社は『船岡山』という標高112mの小高い丘の上に鎮座しています
この山は風水学の四神相応(シジンソウオウ)の北の玄武(ゲンブ)の象徴として
平安京の北の基点となった所なのです
船岡山の真南に平安京の御所である大内裏の大極殿が建てられて
そこから南へと幅85mの朱雀大路が造られたのでした
建勲神社境内にはその玄武をお祀りする『妙見社』があります
京都船岡山 史跡の碑と妙見社
妙見とは北極星です
玄武の大元は北極星から降りてきたとされている『国之常立神(クニノトコタチノカミ)』で
水の神で宅神であって病魔退散の神なのだそうです
また船岡山には伏見稲荷大社の元宮があります
つまりここから現在の伏見に遷座されたのです
この稲荷の神をこの地でお祀りしていたのは秦氏一族です
その秦氏の守護神社にあたる「義照稲荷社(ヨシテルイナリシャ)」には
稲荷の神である『宇迦御霊大神(ウカノミタマノオオカミ)』と『国之常立神(クニノトコタチノカミ)』と
『猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)』がお祀りされています
聖徳太子の文献にもこの地の名が出ていますし
伏見稲荷大社の創設が一説に711年とあるので1300年以上も前
平安京が造営されるよりもっと前に既にこの地は信仰の地であって
おそらく秦氏一族がここへ移り住む前から
土着の民の原始信仰の聖地であったようなのです
今の船岡山は公園として整備されていてその面影はありませんが
古の時代に神が宿る磐座(イワクラ)としてお祀りされていたかもしれない
それらしい大きな磐が点在しています
京都船岡山 磐座
恐れおおくもこの磐の上に腰をおろして瞑想すると
大地の奥深くから湧きでてくるエネルギーを身体で感じられます
この迸り出てくる生気を当時の人は玄武のご神力と捉えたのかもしれませんね
『建勲神社』の宮司さんのお話では
ここの秦一族は今の伏見の土地の別の秦一族へ稲荷の神様を譲られて
遥か東方へと移動していったとの伝説があるそうです・・・
向かったのは富士山神奈川の秦野
船岡山はその他にも歴史の表舞台?に登場します
応仁の乱の西軍の城があり本拠地だったのです
故に船岡山がある一帯は西陣と呼ばれているのです
西陣織で有名ですね
私は幼き頃に京都で暮らしていた時期もあり
寺社巡りをしたりしていたので歴史に興味を惹かれるようになりました
今生の私にとってもご先祖様達にとっても船岡山と周辺の地は縁深き地なのです
小学生の頃は一人で遊びに来るには怖かった所でしたけどね
セッション会場へと向かうまでまだ少し時間があったので
昼食をとるお店を探しながら西陣周辺を散策することにしました
そして何気なく足が向いて行ったのが
これまでも何度も訪れている『大報恩時』通称『千本釈迦堂』です
京都大報恩寺 千本釈迦堂
開祖は藤原家出の『求法上人義空』さんで1227年に創建された
私のご先祖さんとも縁があるお寺です
国宝の本堂は応仁の乱の戦火でも焼失せず開創当時のままで
京都市内で最古の建物とされています
本堂の柱などには合戦の刀や矢の傷が残っています
この地を訪れてから気がつきましたがこのお寺をはじめ船岡山周辺は
今回ファーストシードを受けられいるYさんのご先祖さんとも
とても縁が深い所だったのです
今回お参りしたのは何かの意図によって成されたような気がします
そして事が進んで整えられてきて次の領域へとシフトされたのを感じたのでした
振り向けば船岡山の上空に玄武神のような形をした雲が漂っていました
京都船岡山 上空の玄武雲

『はんなり京都の旅 その-4』へつづく・・・

今宵(10月3日)は十五夜『中秋の名月』です
観月祭と参りましょう
皆さんのお住まいの地域でお月様が拝めますように
札幌は・・・バッチリ
平成二一年中秋の名月-1
盃に月を写(移)して月呑み酒
盃に写るお月さま盃に写るお月さま
お月さまへのお祈りをして弥栄

今ここに在るすべてに
感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/10/03 18:18】 | ご報告 | トラックバック(0) | コメント(0)
はんなり京都の旅 その-2
9月22日~27日の京都の旅のご報告
『はんなり京都の旅 その-1』の続きで『その-2』です

23日秋分の日は京都にてワークセッション初日
鞍馬の山を駆け抜け貴船神社を参拝して里に下りてきて
近鉄京都線にて現地へと向かいます
今回のワークセッションを受けられたのは5名の方々
エステのお店を経営されているIさん
その息子さんTさんとお嫁さんのMAさん
Tさんはヘアデザイナーでヘアサロンを経営されていて
MAさんもエステシャンでお店をオープンしたばかりです
そしてIさんのお嬢さんのMIさんとその旦那さんのYさん
Mさんもエステサロンのオーナー
Yさんは美容関係ではないものの
人に物事を教えるお仕事をされていて
皆さん共通して不特定多数の人と日々接する職業に就いていらっしゃいます
そんなご家族が受けられたのでした
これまでご夫婦やご家族で受けられている方はいらっしゃいますが
同時に5名一緒にというのは初めてです
セッション会場はTさんのヘアサロンの2階をお借りしました
京都市内を離れ電車に揺られる事約30分で
郊外のベッドタウンに隣接する駅に到着
初日と云う事でIさんに迎えに来て頂きました
ありがとうございます
お店へ向かう途中に鳥居を見かけました
尋ねるまでもなく
「あちらは建速須佐男命(タケハヤスサノオノミコト)さんを祀ってはる神社で
祇園の八坂さんはここから移りはって
ここは元祇園と呼ばれているようですわ」とのご説明
京都の方は神仏が生活に溶け込んでいますのでよくご存じです
約10分で静かな新興住宅街精華町光台にあるお店へ到着です
ラテン語で「生まれる」という意味の店名のお洒落なデザインのサロンです
ファーストシードは光の華を咲かせるという比喩を用いています
これは身体やその周りにあるエネルギーフィールドが活性化していくと
あたかもたくさんの光の華が咲いているかのように輝いていくという表現です
「精」には生命の根源という意味もあり
そんな華が光る台地という名前の所なのですから
まさにファーストシードの開催地にはピッタリフィットです
こうして夕方5時からワークセッションはスタートしたのです
今回の皆さんもこれまで受けられた方々と同様に
漠然とですがファーストシードの何かに惹かれセッションを受けられています
5名それぞれのその何かが車輪となり
それが合わさると大きな車輪に変容して
より大きな流れを起こして事を運んで行く・・・

そんな感覚を懐いたワークセッション@京都初日の5時間なのでした

『はんなり京都の旅 その-3』へつづく・・・

今ここに在るすべてに
感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/10/02 22:22】 | ご報告 | トラックバック(0) | コメント(1)
平成二一年己丑・神無月
今日から新しい月の始まりです
10月『神無月(カンナヅキ)』
神無月ですが出雲の国へと神々が移動するのは旧暦の10月に入ってからです
新暦では11月17日が旧10月1日です
ところがそれよりも前に移動は始まるようです
近くのお宮の神気が薄くなったら出雲へ向かわれたのかもしれませんね
出雲の国のカレンダーには「神有月」と記されています
宮崎駿の『千と千尋の神隠し』を観たくなる季節です
北海道は北から初雪の便りが届き始めます
木々の葉も標高が高い山から里へと色付いてきます

深まる秋の10月の暦は…
 1日 一粒万倍日
 2日 スヌーピーの誕生日
 3日 十五夜 観月祭
 4日 望月(15時10分)満月
 6日 一粒万倍日
 8日 寒露(12時40分) 阿寒まりも祭
 9日 亥の子餅
11日 下弦(17時56分)月と太陽の黄経差が270度になる日
12日 体育の日
15日 七五三(北海道) 奈良石上神宮例祭 新宮熊野速玉大社祭
16日 一粒万倍日
17日 伊勢神宮神嘗祭 
18日 朔月(14時33分)新月 旧9月1日
19日 京都建勲神社舟岡祭 一粒万倍日
20日 土用(15時22分)立冬までが土用期間 皇后様御誕生日
22日 京都平安神宮時代祭 京都鞍馬の火まつり
23日 霜降(15時43分) 
26日 上弦(09時42分)月と太陽の黄経差が90度になる日 旧重陽の節句 
27日 読書週間(11月9日まで)
28日 一粒万倍日
30日 天赦日 『十三夜』
31日 一粒万倍日 
といったところです
ご参考になさって下さい
先月ご紹介した良き日はワークセッションの日程を決められる以外でも
ご参考にされた方が多かったようです
心の在り方次第では日日是好日なのですが
今月の暦の上での良き日は
3日・4日・6日・7日・8日・9日・10日・11日
17日・18日・21日・23日・28日・29日・30日
この日を初日にしたり3日目にしてワークセッションを受けられると
さらに流れが整うようです
特に30日は「天赦日」ですから最高の日です
今のところの予定では札幌ワークセッション期間中ですが
未だ予約は入っておりません
先着順で承っております
また札幌以外でも2名様以上いらっしゃいましたら出張致します
お問い合せをお待ちしております

昨日9月30日は光の数字が「2・3・5」の日でした
この日に日本のはるか南のサモアでM8.3
インドネシアのスマトラ島でもM7.6の地震が発生しました
サモアの震源地は南緯15.3度西経171.0度 1+5+3= 1+7+1=
スマトラは南緯0.9度東経99.9度 0+9= 9+9+9=2+7=
」が鈴なりになって重なる重なる
今月の26日は旧重陽の節句ですが
これがまた1+0+2+6=
日付が変わって10月になってから心の中で響く波動・・・
今月から流れがさらに加速しそうです
より安定して進んでいくためには新たな視点を持つ必要があるようです
x軸とy軸にz軸を加えて
平面ではなく立体的に捉える
今月はこれをあらためて肝に銘じて進んで行(生)きます
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1日の午後に北海道神宮へお参りへ向かうと
そこには大きな日輪が広がり
彩雲が空高く舞っていました
北海道神宮上空の日輪北海道神宮上空の彩雲
心の奥底で温もりを感じ準備が整ったようなそんな想いが湧いてきました

新たな月を迎えられることに
今ここに在るすべてに

感謝

ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
【2009/10/01 02:35】 | ごあいさつ | トラックバック(0) | コメント(0)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる