平成廿四年 壬辰 七五三
11月15日は七五三
ご存知のように子供の成長を祝い神社やお寺へ詣でる行事ですが
本来は11月15日に行うのが正式なのです
この日はかつて使われていた暦の二十七宿の
鬼宿日という鬼が出歩かない大吉日なので
その年の五穀豊穣の収穫の感謝を兼ねて
子供の成長への感謝と御加護をお祈りしていました
収穫の感謝と云えば宮中祭祀「新嘗祭」ですが
こちらは正式には旧暦11月の2回目の「卯」の日です
時期的には同じ頃ですから七五三の元が収穫感謝の御礼詣りであるならば
民間版の新嘗祭のような意味合いから始まったと推測されます
旧暦15日はほぼ満月に当りますからその霊力にあやかり
いつしか子供の成長への感謝をするようなったのでしょうね
一説に江戸幕府第五代将軍である徳川綱吉の長男の徳川徳松の
健康を祈って始まったとされる説があります
なので幕府が置かれていた江戸の武家を中心に庶民に広がって
今でこそ全国で行われる七五三の行事は関東地方特有の習慣だったのです
ちなみに関西圏では十三詣りが主流で
文字通り13歳にお祝いご祈祷をするのですが詣でるのは
虚空蔵菩薩さまが鎮座するお寺社です
(神仏習合時代は神社にも仏像が安置されていた為)
昔は疫病や栄養失調などで乳幼児死亡率が高く
数えで七歳位までは人としての生命が定まらない
あの世とこの世の境いに位置する存在とされていて
いつでも神様の元へ帰りうる魂と考えられていたそうです
そんな時代と比べると現代は幼児の死亡率も低下しましたから
出産する子供の数も少なくなったのでしょうか
さてその七五三は明治の改暦以降は新暦11月15日に行われています
ここ北海道では雪が積もっている頃なので
10月15日に前倒しで行っている方も多いようですが
本来は鬼が居ない鬼宿日なので今の暦の二十八宿では
今年は11月23日 12月21日
ちょっと意味深長な日と重なっていますね
最近では「七五三歳太鼓」なる太鼓を置いている神社が多くなってきました
先日の帯広でのセッションの際に参拝した帯廣神社でも
お子さん達が歳の数だけ太鼓を叩いて厄祓いをされていました
音には邪気を祓う力がありますからね
余談ですが昨年のブログにも記しましたが日本の国旗は七五三です
縦7:横10の対比の白地の四角に
縦の5分の3の直径の赤丸で構成されているのです
偶然の一致ではないでしょうから
数え歳の3歳・5歳・7歳は成長するうえで節目で重要な歳周りといえそうです
なので今年数え歳で3歳の男の子と女の子 5歳の男の子 7歳の女の子
世界中のこの歳を迎えている子供たちへ
祝福の心と健やかな成長を祈ってファーストシードを贈ります

七五三歳太鼓
叩くのは歳の数にしましょう
大人は叩かないようにね

今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
P C版: http://firstseed.web.fc2.com
携帯版: http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile QR Code
スポンサーサイト
【2012/11/15 07:53】 | 歳時記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<屈託のない笑顔 | ホーム | 11月14日 新月のお祈り>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firstseed.blog114.fc2.com/tb.php/1023-61f92ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる