1年の計はシンプルにデザイン
新年を迎え早くも松の内を明けて通常の日々に戻られている頃でしょうか
札幌のこのお正月は例年になく冷え込みが厳しく雪も多かったです
しかしながら心は温かに素敵な時をお陰様で過ごさせて頂きました
さて01月11日は鏡開き・蔵開きの日です
鏡開きはもともと京都では4日でそれ以外の地域では
松の内が終わる小正月の01月15日(旧暦)の後の
01月20日=二十日正月に行われていました
ところが江戸時代の慶安4年にに将軍徳川家光公が20日に亡くなり
忌日を避けて11日に行われるようになったのが広まったようです
鏡餅をお汁粉やお雑煮に入れて戴くのは各地で共通のようです
刃物を使わずに木槌で割るのは切腹を連想させるからといわれていますが
神さまが宿られたお餅を刃物を使ったら罰があたりそうです
鏡餅を食すことは「歯固め」と云われていて
硬いものを食べて歯を丈夫にして年神様に長寿を祈る意味があります
また割れ方でその年の収穫を占う地域もあり割れが多ければ豊作だそうです
現代の鏡餅は真空パックに入っていて
木槌で叩いても凹むだけですし割れもしませんし硬くもありません
歳神様=御年皇神様が依り代(ヨリシロ)として宿られた鏡餅を食べて
御神力を体内に取り入れて霊力・気力・体力を向上させられるでしょうか
と疑問を感じつつも今年も御汁粉を作って鏡餅を頂いています
平成廿五年癸巳 鏡開きの御汁粉
(砂糖を少なめにして塩(天然)を利かせてあっさり味にしました)
御汁粉の小豆は祝い事の際のお赤飯や冬至や小正月の小豆粥など
暦の節目の重要な日に食べる習慣があります
小豆の赤色が魔除けや厄祓いに効力があると信じられているからです
栄養価も高く皮の赤色素アントシアニンは抗酸化力があり
リノール酸や リノレン酸 ビタミンE ビタミンB1とB2とB6
ナイアシン カルシウム リン カリウム マグネシウム 鉄や亜鉛など
現代人に不足といわれる栄養素を豊富にバランスよく含んでいます
まさに無病長寿の食材と云えそうです
鏡餅の「鏡」は「円満」を意味してお餅は神様の食べ物
丸い形は神鏡を現わしていて「開く」は「末広」の意味があると云われています
縁起が良いこの日にファーストシードを活用して未来を創造するのも良いですね
「1年の計は元旦にあり」と云われていますが
皆さんは今年の計画を立てられたでしょうか
私は年々具体的な事柄を掲げなくなってきています
何故なら全てを流れに委ねるようになってきたからです
なので今年も至って簡単な1年の計です
・「真の自己である魂が喜ぶ年にします」
・「為すべき事に気付き行動します」

こんな感じです
その先に在るのは魂が発露して喜びに満ちた未来です
魂の喜びだけを年初の自分が心に想像して宣言をして
年末の自己へと遠隔でファーストシードを送ればその未来は創造されてきます
現実的な物や経済をはじめとする全ての状況や境遇などは
自ずと最適な時期に形を成して揃い整って来るのです
なのでひとつひとつ具体的に掲げる必要は無いのです
1年の計はシンプルにデザインすれば万事スムーズに運ばれ易くなりますよ

今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
P C版: http://firstseed.web.fc2.com
携帯版: http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile QR Code
スポンサーサイト
【2013/01/11 11:10】 | 歳時記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<初寅の日の新月のお祷り | ホーム | 新年の集い始め~交流会@札幌Vol.42>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firstseed.blog114.fc2.com/tb.php/1058-3376a70e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる