FC2ブログ
平成廿五年 癸巳 春の節分
02月03日は春の節分です
今年は下弦の月と重なる巡り合わせですね
文字通り季節を分ける日なので季節にも属さず
辰年から巳年へと移行する間の日なのです
年間4回ある節分のうち春の節分は気節の変り目でもあるので
気の間(マ)に魔(マ)も入りやすいのでしょうか
この節分だけが今も年中行事として残っているのでしょう
春の節分の行事・習慣は邪気や厄を祓って清らかにします
そんなひとつ恵方巻きを食べる習慣は
最近は関西のみならず全国に定着しています
今年の恵方は丙の方位で北北西より少し北寄りになります
方位角では157.5~172.5度の15度の範囲です
(真北=0=360度)
真南を向き少しだけ身体を東の方へ向けるとほぼ恵方になります
邪気を祓う習慣は他にも柊の枝に切り取った鰯の頭を差したり
大蒜など臭気が強い物を供えて場を清めます
邪気祓いの最も一般的な行事はやはり豆撒きです
撒く豆は正式には炒った大豆です
これを夕方までに神棚にお供えして
夜になったら玄関の戸や窓を開け放って家長から順番に
玄関や各窓でそれぞれ外へ向けて撒きます
この時の掛け声は「鬼は外」ではなく
「邪気は外」又は「悪は外」です
外へ豆を撒く時に「鬼は外」と言わないのは
鬼子母神さんなど正義の見方の鬼もいらっしゃるのと
鬼の存在自体が魔除けになっているからです
そもそも節分の起源は古代の中国から伝わって
太陰太陽暦の大晦日 つまり春の節分の日に宮中で行われていた
年中行事のひとつ「追儺(ツイナ)」だと云われています
この儀式は「鬼やらい」とも言われ
方相氏(ホウソウシ)という鬼を祓う呪者である役人と
その脇に仕える役人が宮中の大内裏の中を
掛け声をかけて回り災厄をもたらす姿が見えない鬼を祓ったそうです
その時の方相氏の姿は赤い袍を着て金色の目が4つの面をつけて
右手に矛と左手に大きな楯を持っていたのです
実はこれが現在の鬼の姿のモチーフになったと云われているのです
本来は鬼を祓う存在がいつしか鬼として追われるようになったのですね
鬼は⇒「隠(オニ)」の字でも記されるように
身に見えない隠れた恐ろしいモノと
死に結びつく災害や疫病などの凶事を
目に見える形のあるモノとして偶像化させたのでした
それを退治して災厄を祓おうとしたのが節分の行事の始まりで
豆を撒くのは鬼の目を打つ意味があるのです
外へ撒いた後は同様に今度は家の中へ
「福は内」と言いながら豆を撒き福を招き入れます
邪気が戻って来ないように直ぐに戸締りをします
部屋に撒いた豆を拾って1年の無病と無事を祈って
満年齢に1歳足した数え歳の数だけ豆を食べます
これが本来の豆撒きの段取と手順なのです
撒く時はファーストシードもその場所の
上=天と下=地へと通しながら行うとさらに効果大です
昨日のブログに記しました厄祓いと豆撒きなど
邪気を祓い身と心と場を清める春の節分の行事を行って
新しい節の立春を迎えこの日から始まる新しい年の癸巳を
感動と喜びに満ち素敵に想像していきましょう

今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
P C版: http://firstseed.web.fc2.com
携帯版: http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile QR Code
スポンサーサイト



【2013/02/03 02:03】 | 歳時記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<平成廿五年 癸巳 立春 | ホーム | 厄祓い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firstseed.blog114.fc2.com/tb.php/1075-809a0045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる