甘露人
04月08日は仏教の開祖のお釈迦さま=ガウタマ・シッダールタの
お誕生日で花まつりです
正式には灌仏会で花まつりは日本独自の名称です
桜の頃という説と元々この頃に祖先の霊の法要や山の神をお招きする祭事があり
その霊や神々の依代としてお花を用いていたそうで
これらが習合したのが有力な説です
仏教寺院ではこの日にお釈迦様の誕生を祝う灌仏会という法要が行われて
お花を飾った小さな花御堂に安置された釈迦如来像などの誕生仏像の
頭上から甘茶を3回注いで拝んだりそれを頂戴して飲んだりします
この由来は釈迦の誕生時に産湯を使わせるために
九頭龍が天から清浄の水を注いだとの伝説にちなんでいます
これが甘露水で甘い香りがしたそうです
聖者だけに他にも誕生時の逸話があります
産まれた途端に7歩歩いて右手で天を指し
左手で地を指して「天上天下唯我独尊」と話したそうです
その甘露ですがお釈迦さまの誕生時に際してその香りを嗅いでいませんから
実際にはどのような香りかは定かではありません
しかしながらこれは甘露なのではと想える香りを
私はこれまでに何度か体感しています
鹿児島県の霧島神宮の参道を歩いていて
この時は台風の影響で強い雨が降りしきる中で
辺りには香りを放つ花やお店などは無い所でした
また北海道の雌阿寒岳山頂にてファーストシードを通しながら
お祷りをしていた時は頂上には私1人です
行かれたことがある方はお分かりのように
火山壁ですので香りを放つのは火口から吹き出す
噴煙の硫化水素の臭いたげです
その他では神社で参拝している時に何処からともなく漂ってくる
甘い香りに包まれることが時々あります
この香りが花や木々や果物など有形の物質から発せられていなら
その場所であり形を伴わない非物質的存在であり
それらが発している気こそが匂いの元であると想います
波動が高い清らかな気は心地良い甘い香りを発するのでしょう
ファーストシードのエネルギーは私たちの身体と心と魂を
浄化して祓い清めて癒してくれます
エネルギーが強くなるにしたがって
まるで光の華が咲いているようにキラキラ輝いて
その光に触れた時に嗅覚は心地良い甘い香りを知覚します
身体と心と魂の波動が高くなると私たちは甘露人になりますね
今の自分はどんな香りを醸しているでしょうか

今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
P C版: http://firstseed.web.fc2.com
携帯版: http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile QR Code
スポンサーサイト
【2014/04/08 18:18】 | ひとり言 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<地球を楽しみ人間を楽しみましょう | ホーム | 満18年⇒19年目へ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firstseed.blog114.fc2.com/tb.php/1280-e0725cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる