平成廿六年 甲午 白露 十五夜
平成25年09月19日の十五夜
こちらの写真は昨年平成25年09月19日の十五夜のお月さまです
今日は旧暦08月15日なので中秋の名月=十五夜です
今年は満月とは重ならず明日09日になります
十五夜と満月が重なる方が稀で次回は7年後の平成33年です
十五夜が昨年より10日早いせいもあり帯広周辺では薄の穂がまだひらいていません
中秋の頃は夏に比べると空気が乾燥して澄んできて
太陽と月の角度の関係から年間で月が最も明るく月が鮮やかに見えます
また今年は地球に月が近づいていますからより明るく輝きます
夜でもさほど寒くないため観月に最も良い時節とされてきたようです
太古から月の満ち欠けで月日を知り種蒔きや収穫など農事を行ってきましたので
月は自然の恵みの象徴でした
特に欠けが無い丸い満月は豊穣の象徴で掛替えのない存在だったのです
この時季から始まる収穫期を前に天地の恵みを感謝して豊作を祈る
大切な節目として祭りをするようになったようです
平安時代に貴族社会の年間行事に取り入れられ
歌を詠み恋人との大切な時として風流に楽しむようになりました
現代でも十五夜と云えばススキを飾りお饅頭やお団子
この時期に収穫される里芋や枝豆や栗などをお月さまへお供えするのは
太古からの感謝祭の名残なのです
お団子は1段目に9個2段目に4個3段目に2個と
同じく8個-4個-2個4段目に1個という重ね方があり
どちらも十五夜にちなみ全部で15個です
自然の恵みの有難さを感じながら十五夜のお月さまを愛でたいですね
また中秋のお月さまの光には霊力があると信じられてきました
御神酒やお水を窓辺に置いて月の光をあて
その波動と霊力を吸い込ませてそれを飲むと無病息災の効力があると云われています
観月祭にお供えしたススキはお月さまの霊力を吸収していますから
軒先に吊るしておくとお守りになり一年間病気をしないという言い伝えもあります
帯広の月の出は17時05分 福岡でも18時前に
太陽が沈む頃にほぼ真反対から昇ってきます
皆さんの所では綺麗な十五夜お月さまを愛でられるでしょうか
さて09月08日は二十四節気の第15節「白露」(はくろ)でもあります
次の節気「秋分」を迎える09月23日の前日までの期間で
定気法では太陽黄経が165度の瞬間今年は09月08日10時38分
この日酉の月が始まります
江戸時代に記された暦の解説書の暦便覧には
「陰気やうやく重りて露にごりて白色となれば也」と記されています
この頃から夜の気温が下がって空気中の空気が冷やされて
朝になると草や枝に水滴が付くようになるという時季です
中国から伝わった陰陽五行では秋は白色とされています
なので白露には秋の露という意味もあるようです
また秋の風を「色無き風」とも言いますが白は色が無いことから付けられています
白は透明と捉えるならば秋はどの季節より色が鮮やかに見えるからなのでしょうか
帯広周辺の十勝地方をはじめ北海道各地では秋の実りの最盛期を迎えます
1年を72の季節に分けた七十二候の白露の期間の
09月08日~09月12日の「初候」
「草露白(そうろ しろし)」
⇒草に降りた露が白く光る頃
 月の雫は夜露の異称です
 十五夜の今の頃にぴったりですね

09月13日~09月17日の「次候」
「鶺鴒鳴(せきれい なく)」
⇒せきれいが正に泣き始める頃です
 かつては北海道で繁殖しこの頃になると本州へと
 移動していたのでこのように付けられたのでしょう
 この鳥は古事記に登場しています
 伊邪那岐命と伊邪那美命が結ばれ方を教えたという
 神話から「恋教え鳥」という異名をもっています
 アイヌ民族に伝わる神話でも男女の交わり方を教える鳥とされています

09月18日~09月22日の「末候」
「玄鳥去(げんちょう さる)」
⇒玄鳥とは燕の事で日本から南へと旅立つ頃です
 来春はまた同じ巣へと戻ってくるまで暫しのお別れです

暑さ寒さも彼岸までと言われるように残暑はもう少しです
また台風の上陸する時節で秋雨前線と合わさり集中豪雨が懸念されます
引き続き夏の疲れが表に出て来る時季でもあります
水とビタミンとミネラル不足にならないように
旬の野菜などをしっかり摂って体調管理をされて下さい
空 雲 花 虫の音 食・・・季節を感じ楽しむのは素晴らしき事
生きている喜びの元です
心に余裕があってこそそんな自然界の息吹に意識が向けられて
五感と+αの感覚で感じ取れ感動できます
地球の運行の節目を迎え秋らしさを感じられる処暑の時候も
自然と共に在り精一杯に生きて
私たちの身体と心と魂から生命力を育んで
感謝と愛を以ってファーストシードを自然界と周りの人々へ降り注いで
たくさんの喜びを創造して楽しみ身体と心と魂を輝かせて
人生を実らせてまいりましょう
そうした喜びは生きていく基盤があってこそ得られますです
生命の基盤は「食」です
この先も健全な食を自然界から享受できるかは
安心・安全な植物の種が今まだ残されているうちに
今の私たちの意識を変えていかなくてはなりません
本物の植物を食物として自然界から戴き
身体と心と魂を健やかに育むのは自然界と共に生きる基礎となります
そしてこの国 この星 この世が調和されて永久に安泰していけます
朝露に濡れるエゾアジサイ(羊蹄山)

平成26年09月08日17時55分@帯広
平成廿六年九月八日 十五夜のお月さま@帯広
今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
P C版: http://firstseed.jp
携帯版: http://firstseed.jp/i
firstseed-mobile QR Code

Instagram
スポンサーサイト
【2014/09/08 03:03】 | 歳時記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<平成廿六年 甲午 重陽の節句+満月 | ホーム | 平成廿六年九月以降のセッション開催日程【09月07日改訂】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firstseed.blog114.fc2.com/tb.php/1336-6e6d3032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる