平成廿六年 甲午 小雪+新月のお祷り
11月22日は二十四節気の「小雪」(しょうせつ)と新月が重なり少し特別な日です
前節の二十四節気「立冬」満月と重なっていましたので
今月は季節と月の運行が連動する奇しき月になっています
本格的な冬の入り口の一歩前の頃ですので雪がちらついても
厳しい寒さを迎えるまではもう少し猶予があります
とはいっても初霜や初氷また初雪が南下していきますし
北海道では根雪になる時季となります
1年を二十四の季節に分けた節気の小雪
次の節気「大雪」を迎える12月07日の前日までの期間で
定気法では太陽黄経が240度の瞬間で今年は11月22日18時38分
西洋占星術では小雪を人馬宮(いて座)の始まりとしています
江戸時代に記された暦の解説書の暦便覧には
「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と記されています
1年を72の季節に分けた七十二候の小雪の期間の
11月22日~11月26日「初候」
「虹蔵不見(にじ かくれて みえず)」
⇒虹が見えなくなる時季を迎えます
 二十四節気の第04節「清明」の末候「虹始見」に対応しています
 「蔵」には「仕舞う」「潜む」という意味があります
 雨が少なくなり陽の角度も低くなるので虹が発生しにくくなります
 虹は龍神さまが天に上る姿ですが冬が苦手なのでしょうか(笑)

11月27日~12月01日「次候」
「朔風払葉(きたかぜ このはを はらう)」
⇒北風が木の葉を吹き払う頃です
 新月は月初めなので朔月と云うように朔には始めの意味があります
 方角は北を起点としますから朔風=北風なのです
 冷たく強い北風は肌を刺し凍てつかせますが
 初冬の香は心地好く空は凛として気持ち好くも感じます
 温もりが恋しくなる頃ですね

12月02日~12月06日「末候」
「橘始黄(たちばな はじめて きばむ)」
⇒橘の実がが黄色く色付く頃です
 橘とはかつて生食していた柑橘類の総称でした
 言伝えでは常世の国から田道間守(たじまもり)が持ち帰ったと云われています
 不老長寿の実と信じられていたようです
 橘は日本が原産の唯一の柑橘類です
 食用には向きませんが皮を摩り下ろして香りづけには最適です

北海道は初積雪を観測する地域が増えて山々は白い衣を頂きから裾野へと広げています
食料品店には漬物の具材が売られてきています
秋に収穫した野菜を保存できるだけでなく
乳酸菌を摂れる理想的な健康食である漬物は和食の宝で日本の文化です
私たち日本人の身体にはヨーグルトより漬物で乳酸菌を摂る方が合っています
漬物や旬の野菜など食材をしっかり摂って体調管理をされて下さい
空 雲 花 彩 食・・・季節を感じ楽しむのは素晴らしき事です
生きている喜びの元にも成り得ます
心に余裕があってこそそんな自然界の息吹に意識が向けられます
五感と+αの感覚で感じ取れ感動できます
地球の運行の節目を迎え本格的な冬へと向かい始める小雪の時候も
自然と共に在り精一杯に生きて
私たちの身体と心と魂から生命力を育んで
感謝と愛を以ってファーストシードを自然界と周りの人々へ降り注いで
たくさんの喜びを創造して楽しみ身体と心と魂を輝かせて
人生を実らせてまいりましょう
そうした喜びは生きていく基盤があってこそ得られますです
生命の基盤は「食」です
この先も健全な食を自然界から享受できるかは
安心・安全な植物の種が今まだ残されているうちに
今の私たちの意識を変えていかなくてはなりません
本物の植物を食物として自然界から戴き
身体と心と魂を健やかに育むのは自然界と共に生きる基礎となります
そしてこの国 この星 この世が調和されて永久に安泰していけます
寒い季節ですが屋内に籠らないで
お出かけして季節の移ろいを愛でて楽しみましょう
美しい景色を観た時の感動と歓喜は寒気を吹き飛ばしてくれますよ
雌阿寒岳と阿寒富士の初冠雪
季節の変わり目の「小雪」の日に今年は11度目の新月を迎えます
閏09月から旧暦の10月=神無月がようやく始ります
新月=朔という天体現象は月と太陽の視黄経が等しくなることで
またはその瞬間を指しますが
今回のその時刻は22日の21時32分です
地球からは月と太陽が同じ方向にあるので月から反射した太陽光は地球に
ほとんど届かなく強い太陽光の影響と相まって地上からは月を拝みずらくなります
旧暦では新月の日=朔日を月の始まる日としています
月の始まりを「月立ち(つきたち)」と言いそれが転じて「ついたち」になり
朔日を「ついたち」と訓読みして「朔」のひと文字だけでも「ついたち」と読みます
「月」が「立つ」新月の日は夢や願望を叶えるお祷りに適しています
ファーストシードはお祷りが通り易いのが特徴のひとつであり
FS人の皆さんは祷り人でもあるのです
これはFS人の皆さんの生まれてきた意味・目的・役割の一端だったりします
エネルギーを森羅万象全てへ放ち送りながらお祷りをされてみて下さい
新月のお祷り方法の一例をご紹介しておきます
①紙に夢や願望を記します
 ※8項目以下で文章は現在進行形または完了形にする
 ※文末は「感謝致します」で締める
 ⇒ex「~となっています 感謝致します」
 「~ました 感謝致します」
 このように宣言をして感謝で締めるのです
②その8項目の構成は個人的な事を少なくして公的な事柄を多くする
 個人の幸せは自分だけでは成らず多くの下支えがあってこそだからです
 私←家族や友人知人←ご先祖さま
 私←家←町←地域←国←地球←宇宙…
 もっとシンプルにすれば全てが幸多く喜びに溢れて輝きが増す内容です
③願いを記したら1行ずつ読み上げます
 この時に心には夢や願望が達成し叶った時の
 喜びと感謝の波動を創造して満たします
 そしてファーストシードのエネルギーを天高く何処までも通して
 さらにそれが叶っている時の未来の自分へも送ります

夢や願望のお祷りの着地点は「感謝」になります
私たちがこうして生きていられて楽しい時を過ごせていられ
願望が達成されて喜びを得られるのも
森羅万象が調和されていているから
この世があるから
この地球があるから
この国があり平和(表面的にですが)であるから

これらの基盤があるからこそなのです
だからこそ先ずはこの国とこの地球とこの世の安泰が進むように
個々でお祷りをされるのをお勧め致します
多くの方がお祷りの項目に加えるとそれが集合されて大きな祷りの力となり
未来に成されて現実化していく原動力となります
夢や願望が達成された未来の喜びと感謝を今ここに想像して創造させます
その心を以てそれが成された時の未来の自己へと
ファーストシードを送るのがお祷りのポイントです
こうして流れを興して乗っていけば未来の喜びは現実されていくのです
お祷りをしたら寄せられて来る喜びのパーツに気付いて
それらをしっかりと受け取っていけば未来の喜びは築かれていきます
不安や恐れなどそれを否定する心は持たないようにして
考えずに既成概念や固定観念などに囚われずに
流れに任せて感覚を広げて感度を全開にして感じ取っていければ
取りこぼしも無く願望が達成され夢を叶えられていきます
新月の祷りをされて人生を素晴らしく整えて下さい
こうしたお祷りをしてこの世を調和し整えていくのは
FS人である私たちの生まれてきた意味目的役割のひとつですから
ファーストシードを活用して祷り
喜びを創造して感謝の未来を築いて生きましょう


今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
P C版: http://firstseed.jp
携帯版: http://firstseed.jp/i
firstseed-mobile QR Code

Instagram∞Firstseed∞
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体

【2014/11/22 08:08】 | 歳時記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<平成廿六年 甲午 新嘗祭 | ホーム | 安定~全てと繋がる~11月16日交流会@札幌のご報告>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firstseed.blog114.fc2.com/tb.php/1363-91270a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる