平成廿六年 甲午 大雪
12月07日は二十四節気の第21節大雪(たいせつ)です
帯広周辺は例年に比べて雪は少ないですが
山々の裾野から平地の畑でも薄い雪化粧になっています
気温も氷点下になる日が多くってきて朝晩は道路が所々で凍っています
しかしながら1日で何十センチも積もる大雪はまだ見舞われていません
本州からもこの2週間で初氷・初雪の便りが届いてきましたね
車の運転と身体を冷やさないようにご自愛下さい
この1年を二十四の季節に分けた節気の大雪
次の節気「冬至」を迎える12月22日の前日までの期間で
定気法では太陽黄経が255度の瞬間
今年は12月07日14時04分
江戸時代に記された暦の解説書の暦便覧には
「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と記されています
まさに「ドカ雪」(北海道弁?)が降り根雪の嵩が増えて来る頃なのです
雪掻きをする機会が増えてきますのでまだまだ積もっていない今の内から
足腰のストレッチをして準備しておきましょう
その際はファーストシードを身体に流しながら行うとさらに効果大です
冬の魚の代表格の鰤(ぶり)などが店先に並んで
また山では熊が冬眠に入り南天の実が赤く色付く頃でもあります
1年を72の季節に分けた七十二候の大雪の期間の
12月07日~12月11日の「初候」
「閉塞成冬(そら さむく ふゆとなる)」
⇒天地の気が塞がって冬となる頃です
 まるで蓋をするかのように大地に近い空を覆う雲
 冬季の鬱病の要因とも言われています
 それを圧迫感と捉えずに優しく包んでくれている安心感へと
 意識的に想えば冬の空から重苦しさがなくなりますね

12月12日~12月16日の「次候」
「熊蟄穴(くま あなに こもる)」
⇒熊が穴に入り冬眠する頃です
 雌熊は冬眠中に出産してお乳を与えています
 なので10月下旬頃から冬眠中に必要な栄養を補給する為に食い溜めをします
 ちなみに遡上する鮭を素手で漁する熊は皮と頭だけ食べて
 身と美味しい筋子は口をつけません
 冬眠中のカロリーと寒さを凌ぐ栄養素の脂質を補給しているのです
 もちろん茸や木の実の最盛期ですからそれらも積極的に食しています
 ところが近年は私たち人間が山に入って熊さん達の食料を根こそぎ取ってしまっています
 山に食料が不足して里山からさらに人里まで下り人と遭遇して
 お互いにとって不幸な事故が増えてきているのです
 山の自然の恵みは1/3を戴きましょう
 残りの1/3は山の住人の分 あと1/3は来季の為にです
 熊さん達もちゃんとその辺りはわきまえて食べているようです

12月17日~12月21日の「末候」
「鱖魚群(さけのうお むらがる)」
⇒鱖魚とは鮭ですが一説にはやまべという説もあります
 群がって川を遡上する頃という意味ですが
 北海道は10月下旬頃から始まり11月中旬にもなると見られなくなります
 大雪の末候にあるのは当然ながら本州での光景ですね

冷たい冬の乾燥した空気は身体を冷やして風邪菌・ウィルスが体内で増殖し易い環境です
私は風邪対策でアンチウィルス抗菌スプレーをアロマオイルで作って
部屋へ散布したり口内にスプレーして鼻からも吸引しています
寒い季節は食器洗いなどでお湯を使い手が荒れる方も多いでしょう
手荒れはお湯そのものより温かいので毛穴が開いてそこへ塩素が入り込むからおきます
お湯でも使用可能な浄水器を使い食器洗いの前後にアロマオイルで肌を守ると防げます
市販品の手荒れ用クリームはケミカルな物が多いので副作用が危険です
寒さ対策と乾燥対策をしっかりとされて手も肌も心も荒れないようにご自愛下さい
12月し忘年会の季節です
宴会料理には身体が温まる鍋が付き物ですね
その鍋の具の定番のひとつにこの時季は「鱈」があります
雪が降る頃の魚なので「魚」+「雪」で「たら」と読ませる和製漢字です
鱈は食欲旺盛な魚なのだそうです
だからでしょうかお腹が真ん丸でポッコリ突き出していますね
忘年会でたくさん食べてお腹が膨らんだら「鱈腹」になりますね
暴飲暴食にはくれぐれも気を付けて下さい
たくさん食べると消化に体力を消耗します
鱈腹になった食物を消化するエネルギーはフルマラソンに匹敵するとか
そんなに体力を使ったら免疫力も落ちてしまいます
健康には昔から「腹八部」と言われていますが
現代人は胃が大きくなり過ぎていますから「腹六分」位がちょうどかもしれません
忘年会は年末の恒例行事で憂さ晴らしにもなりますからその後も楽しい宴にされて下さい
季節の移ろい自然界の息吹を愛で季節を感じ楽しむのは
素晴らしき事心に余裕があってこそです
五感と+αの感覚で感じ取れ感動できます
地球の運行の節目を迎え本格的な冬へと移るこの時候も
自然と共に在り今を精一杯に生きて
私たちの身体と心と魂から生命力を育んで感謝と愛を以って
ファーストシードを自然界と周りの大切な人々へ降り注いで
たくさんの喜びを創造して楽しみ身体と心と魂を輝かせて
人生に彩を添え香を醸していきましょう
そうした喜びは生きていく基盤があってこそです
この国 この星 この世が調和されて永久に安泰しますように…
今年を素晴らしく締め括るこの時候も
身体と心は温かく風の子でまいりましょう

今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
P C版: http://firstseed.jp
携帯版: http://firstseed.jp/i
firstseed-mobile QR Code

Instagram∞Firstseed∞
スポンサーサイト
【2014/12/07 03:03】 | 歳時記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<平成廿六年 甲午 今年最後の天赦日 | ホーム | 平成26年12月06日今年最後の満月のお祷り>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firstseed.blog114.fc2.com/tb.php/1370-7e09dd29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる