Q&A20150708 『送っている時間の長さ』
最近ワークセッションを受けられ
ファーストシードに繋がった方から
ご質問メールが届きました
ブログ上で詳しくお答えさせて頂きます

『エネルギーを送る時の時間の長短で
 パワーの大きさが違うなどは
 あるのでしょうか?
 送ると一瞬考えただけで成立するのか
 それともしばらく気を送り続けた方が
 良いのか疑問でした』



すみません
セッションの時に説明不足でした
質問して頂きありがとうございます


ご質問の
『エネルギーを送る時の時間の長短で
 パワーの大きさが違うのか』

の答えですが
時間の長さでエネルギーの大きさ
強弱の違いは生じません

但しワークセッションを受けられて間もない頃は
エネルギーの強さが今の100%に到達するまでの
立ち上がりに少なからず時間を要します
なのでセッションから概ねひと月間は
最低でも10秒程はエネルギーを送っている
という意識を持ち続けて下さい

毎日何度も頻繁にファーストシードを
使われていたらひと月も経たないうちに
立ち上がりは早くなってきます

そしてエネルギーは日に日に強くなって
「送る」という意識をもったたげで
瞬時にその時の100%に達します

その意識を中断してもエネルギーは
暫くの間は持続的に送られていますので
一気に途切れたりはしません

なので時間が許す限り
気持ちが満足するまで
長い時間にわたって送ってみて下さい
送っている時間が長ければそれだけ
多くの量のエネルギーが届けられて
浄化や癒し効果が増大して
状況などの変化が起きるまでの時間や期間の
最大限の短縮が成されてきやすくなります

ファーストシードのエネルギーは
長い時間にわたって又は
何度も回数を重ねてたくさん送っても
送り手と受け手双方に害はなく安心・安全です

送り手は生体エネルギーを送るのではないので
ご自身が疲れたりエネルギーが弱くなる
ようなことは一切ありません
相手のエネルギーは感じて共鳴しても
その波動を被ることも基本的にはありません

それどころか送り手はエネルギーを
使えば使うほど自己浄化が促され癒されます
自分以外の人や動植物などに送っていてもです


ということで
「エネルギーを送る」という意識を
一瞬だけもてば成立はしますが
出来る限り長い時間にわたって送り続けたり
回数を多くした方がより効果的なのです



ファーストシードのエネルギーは
自己の意識だけで
意図する人・物・場所などへ送られます
たったこれだけなのでとても簡単です

ファーストシードを日々使っていると
意識はそれだけ大きな作用をもたらす力を
発動させられるということを
もっと認識するべきだと気付かされます
意識ひとつで全ては成されているのです

近々「意識」について書こうと想っています



ファーストシードを活用されていく中で
またこれからワークセッションをと
ご興味を持たれている方で
ご質問や疑問などありましたら
メールフォーム 又は直メールにて
遠慮なくお寄せ下さい



今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして
 投票をお願い致します

FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング



ファーストシード ホームページ
P C版: http://firstseed.jp
携帯版: http://firstseed.jp/i
firstseed-mobile QR Code

Instagram∞Firstseed∞
スポンサーサイト
【2015/07/08 18:18】 | Q & A | トラックバック(0) | コメント(0)
<<平成27年07月26日 交流会@札幌Vol.72 | ホーム | 平成27年 乙未 小暑 七夕の節句>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firstseed.blog114.fc2.com/tb.php/1456-12c7d7e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる