平成28年 St.ヴァレンタインズ ディ
02月14日はSt. Valentine's Day
=セント・ヴァレンタインズ・ディ
です
今年は旧暦01月07日なので
七日正月であり五節句のひとつ
人日の節句と重なっています
この日については
平成28年01月07日のブログ
ご覧下さい

現代の日本では女性から男性へ
チョコレートを手渡し好意を告白する日
又は日頃の感謝の印として義理チョコを
贈る日になっています

セント・ヴァレンタインズ・ディ
もともと聖ヴァレンティヌスに
由来している説が最も有力のようです
この方は西暦269年にローマ皇帝の迫害で
殉教したキリスト教の聖職者です

時が経ち消費意欲を掻き立たせる
商業イベントになり賛否がありますが
喜びが得られて楽しめる機会なので
甘い物が好きな私としては賛成派です

女性が男性に告白するというのは
日本独自の習慣のようで
キリスト教圏では男女隔たりなくだそうです
日本には来月のホワイトディがありますけど
男女問わず告白する機会で良いと
想っています
チャンスは多いに越した事はありませんよね

更にはこの日を男女の愛を超えて
感謝と深い愛=無償の愛の標として
心を込めたプレゼントを贈る機会に
するのはいかがでしょうか

無償の愛とは
生きとし生ける全ての魂の輝き
神さま仏さまの光の根源でもあります
私たちの魂からも放たれています

ファーストシードのエネルギーも
もちろんその類です

セント・ヴァレンタインズ・ディの今日は
家族や恋人や友人など大切な方々へ…
大切ではない方へも
全てのご先祖様の御霊へ
自宅や勤務先など
自分が係わる全ての土地や場所へ
町全体へ…日本国全体へ…
地球全体へ…宇宙全体へ
無償の愛を魂から湧かせて
その波動を心に満たして
ファーストシードのエネルギーを
贈りましょう


無償の愛を放つと自らが
その波動に感応します
贈られた方も同様です

私たちの魂が感動して
心が温かくなり
時には涙が流れてきます

自己と森羅万象全てとの繋がりが
深くなり共鳴し合って振動数が増して
キラキラ光り輝きます

素敵なセント・ヴァレンタインズ・ディ
なりますように


さてセント・ヴァレンタインズ・ディと言えば
チョコレートです
食べ過ぎると様々な不具合を
身体と心に起こす恐れがあります

原材料に使われている精製砂糖は
身体を冷やすほか
体力低下・目眩・貧血・免疫低下・
アレルギー・糖尿病などの
要因になりかねません

また着色料や香料や安定剤として
化学合成添加物が多く含まれています

安価な商品の植物油や乳化剤の多くは
遺伝子組換えの材料から作られています

身体は食べ物から創られていますから
チョコレートに限らず普段から
全ての食物に気を付ける必要があります

セント・ヴァレンタインズ・ディ
愛の標として贈るのですから
身体に優しいチョコレート
ひと口食べたら魂が喜びますから
恋愛も成就しやすいかもしれませんよ




今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして
 投票をお願い致します

FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング



ファーストシード ホームページ
P C版: http://firstseed.jp
携帯版: http://firstseed.jp/i
firstseed-mobile QR Code

Instagram∞Firstseed∞
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体

【2016/02/14 08:18】 | 歳時記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<平成28年 風邪の季節 | ホーム | Q&A20160213~他者の未来へファーストシード>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firstseed.blog114.fc2.com/tb.php/1555-1df0d8ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる