平成廿九年 丁酉 雨水
02月18日は二十四節気の雨水です

北海道帯広ではこのところ最高気温が
プラスの日が多くなって
温かく雪解けが進んでいます

二十四節気の第2節の雨水
次の節気である03月05日の「啓蟄」の
前日までがその期間で
定気法では太陽黄経が330度の瞬間です
今年は02月18日20時31分

江戸時代の暦の解説書の暦便覧には
「陽気地上に発し雪氷とけて
 雨水となればなり」
と記されています

西洋占星術では双魚宮(うお座)の始まりです


雨水とは
雨が降って土が湿り気を含みだす頃
という意味なのですが…
これは本州の季節感で北海道はもう少し先です
とは言え屋根や地面に積もった雪は
少しずつ解かされ大地に潤いを与えて
そよぐ風にも春の香りが微かに感じられてきます


またこれからの時季は雪の質が変わってきます
寒い時はサラサラの「粉雪」が降り
風に舞って地吹雪が起きます
少し暖かくなると綿をちぎったような
「綿雪」になり
気温がさらに上がり湿気を含みだして大粒の
「牡丹雪」や「花弁雪」になり
すぐに解けてしまう「淡雪」になり
やがて糸を引くような「春雨」へと変ってきます

土の香りと植物の新芽の香りが濃くなって
冬から春へと移ろう自然界の息吹を
感じられるこの時季は心がウキウキします



1年を72の季節に分けた
七十二候の雨水
・02月18日~02月22日
「初候」
「土脉潤起(つちのしょう うるおい おこる)」


⇒雨が降って土が湿り気を含む頃です
 「脉」は「脈」の俗字だそうで
 「土脈」と書いて
 「大地」「地脈」を指します
 雨水と雪解け水は大地を潤わせて
 植物や虫たちに命を与えているのです



・02月23日~02月27日
「次候」
「霞始靆(かすみ はじめて たなびく)」


⇒霞がたなびき始める頃です
 気象用語には存在しない「霞」
 春は「霞」秋は「霧」と
 昔は使い分けていました



・02月28日~03月04日
「末候」
「草木萠動(そうもく めばえ いずる)」


⇒草木が芽吹き始める頃です
 春めいてくるのを体感し始めてきます
 地面からは草の芽が一斉に萌え出てくる
 「草萌え」「下萌え」を迎え
 越冬した樹木は冬芽が膨らみます



雨水の時季はまだ気温が低く
雨が降った後は乾きにくく
雪解けや霜解けも加わり土がぬかるみます
その状態を「春泥」=しゅんでいと言います
現代はほとんどの道が舗装されていますから
そんな状態をなかなか体感しませんが
かつては身近な春の風物詩のひとつでした

家の外へ一歩踏み出せば
春の兆しや季節の移ろいを感じられます
動物や植物や大地の波動を
感じ楽しみながら過ごしてみて下さい

周りの全てにファーストシードを送ると
より感じられやすくなります
試してみて下さい



引き続き風邪予防にご自愛下さい




今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして
 投票をお願い致します

FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング




ファーストシード ホームページ
P C版: http://firstseed.jp
携帯版: http://firstseed.jp/i
firstseed-mobile QR Code

Instagram∞Firstseed∞
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体

【2017/02/18 08:08】 | 歳時記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<02月20日天赦日に開運 | ホーム | 平成29年02月11日 建国記念の日~満月のお祷り>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firstseed.blog114.fc2.com/tb.php/1695-1772d1cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる