FC2ブログ
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳登拝
◇聖地阿寒の旅◇
『序章』
の続きで『雄阿寒岳登拝』です

10月10日
午前5時20分に先ずは宿のすぐ前の「阿寒岳神社」へ参拝です
聖地阿寒の旅 阿寒岳神社
まだ日の出前ですから静かな境内で1人ご挨拶をさせて頂きました
気温は+1℃で空は低い雲に覆われています
予報では曇り後晴れです
車で登山口まで移動すると東の空が赤く染まり始めています
聖地阿寒の旅 朝焼け
午前5時50分
日の出直後に登山開始
入山届ノートにはまだ誰の名前も書かれていませんからどうやら一番乗りです
凛とした空気は心地良く感じられます
遠くでさえずる鳥の声が聞こえる静寂の中を歩きます
2合目付近で鹿に遭遇しましたが
群れのボスらしき凛々しいオス鹿がこちらを威嚇するように鳴きました
まるで犬の遠吠えのようで初めて聞く声です
阿寒の山は秋深まり紅葉しています
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 紅葉
3合目を過ぎた頃からうっすらとガスに覆われてきて霧雨になってきました
熊笹などの葉も露がついていて木々からも滴が落ちてくるので雨合羽を着用します
天候は天に任せて私は準備を整え状況に対処しながらただ登らせて頂くだけなのです
おそらく0℃近い気温ですが汗ばんできます
行程の6割ほどの4合目を過ぎると登山道が白くなっています
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 登山道
やはり昨夜の雨は山では雪だったのです
今シーズンの初冠雪に登るなんてお目出度いじゃありませんか
足跡の無い新雪の登山道は白いバージンロードのようです
早起きのご褒美ですね
5合目にさしかかる頃にだんだん明るくなり青空が見えてきました
標高は1000mを越えていますから雲の上に出たのかと思ったのですが
雲が一掃され始めてきて下界も遠方も見渡せます
着氷する木々の枝の隙間から明日登拝する「雌阿寒岳」と「阿寒富士」が望めます
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 初冠雪の雌阿寒岳
「雌阿寒岳」も初冠雪しています
里に下りてからニュースで知りましたが
阿寒の山の冠雪は平年より6日程早ったのですね
山頂方向の展望が開けてくると真っ白になっていて
雪化粧をしてお出迎えして下さっています
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 雪化粧する山頂付近
この辺りは適切3cm程度で凍っていませんから危なくなく歩けます
凍りついたハイマツなどの枝が登山道を塞いでいて難儀します
6合目を過ぎると少し雪深くなってきました
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 凍てつくと参道と木々
空はだんだん澄み切って陽射しも眩しくなってきました
サングラスを車から持ってくればと後悔しても先にたたずです
7合目にさしかかり勾配も緩やかになってきました
頂上付近の火口壁も間近です
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 火口壁と太陽
少し手前の辺りから雪が積もる登山道に突然足跡が現れました
私が一番乗りではなく先客が居たようです
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 足あと
足跡の主は幸いにして熊ではなくおそらくキタキツネのようです
積雪で道が不鮮明になっているガレ場では
迷わずにその足跡に導かれるように登れたのでした
キタキツネさんに感謝です
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 9合目の火口原
9合目に到着
火口原の先の切り立つ崖の上が山頂です
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 頂上
9時25分に標高1370.5mの「雄阿寒岳」頂上に到着しました
風もほとんどなく快晴ですがきっと気温は氷点下でしょう
正月元旦の朝のような空気に包まれています
独立峰のなので360度の眺望も開けていて
眼下にパンケトーとペンケトー
雌阿寒岳と阿寒富士
南に釧路市街
東方向にはに摩周湖のカムイヌプリや
屈斜路湖付近のアトサヌプリや藻琴山その先の斜里岳
西へ目を向けると空には下弦の月が輝き
遠くは大雪山系や日高の山々が雪を湛えている姿まで見通せ
それはそれは美しい絶景です
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 上空の雲
上空には様々な形の素敵な雲が次から次へと湧いてきては漂い流れていきます
まるで神々が天から舞い降りてきているかのようです
いつものように感謝のご挨拶をして
10月10日10時10分から10分間
ファーストシードのエネルギーで天と地を繋ぎながら祈りを捧げたのでした
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 10月10日10時10分10秒の太陽
心の芯の温かさがまた増した感覚がまたありました
そして心の中に『愛』『循環』という言葉が湧いてきました
その他にも言葉にはならないエネルギーを賜れたようです
祈りの終わりにその感動と喜びの波動を遠隔で贈りました
家族や知人やファーストシードを受けられた全ての方々へ
お陰様で10時30分に頂上を去るまで1時間もの間贅沢にも1人で過ごせました
9合目付近で登ってくる人と出会ってからは
連休の初日だけあって10人ほどの方とすれ違いました
「日の出とともに登る」の理由の一つだったのかもしれませんね
聖地阿寒の旅 雄阿寒岳 エゾシマリス
下山途中でまたもやエゾシマリスさんと出会い労って頂きました
明日(11日)の雌阿寒岳登拝に備えてゆっくりペースで下山
13時10分に登山口へ無地に戻り雄阿寒岳登拝のオツトメは整ったのでした
宿に戻り神社温泉で汗を流し身を清めてから
阿寒アイヌコタンにある『ポロンノ』さんに伺いました
以前のブログ『阿寒の神々 その2』でご紹介してますね
今回はファーストシードの新しいフライヤー(チラシ)を置かせて頂きました
また昨夜のお礼とMさんにご連絡したら
わざわざ来て頂いてマスターと3人で談笑したのでした
その会話で『愛』『循環』という言葉が
マスターから何度も発せられるという稀に起きる奇しきシンクロがあったのです
そのふたつの言の葉をあらためて脳に刻み込み心に浸透させたのでした
聖地阿寒の旅 阿寒湖と夕陽で朱く染まる雄阿寒岳
朱色に染まる雄阿寒岳と阿寒湖の神々と精霊に感謝の祈りを捧げたのでした
アイヌ語で「アカンピンネシリ」=男山を意味する雄阿寒岳は
今は火山活動を終えて静かに躍動しながらも
圧倒的な雄大さを誇る威厳に満ちた勇ましい山でした
この日阿寒湖畔で行われたアイヌの方々のまりも祭りは
午前10時から始められたそうです
それは私がピンネシリの頂上でちょうど祈りをしていたその時でした
後からそんなシンクロがあった事を知りさらに感動が深まったのでした
明日はアイヌ語で女山を意味する「マチネシリ=雌阿寒岳」の登拝です
天気予報は雨のち曇りですが天に任せて参ることにしまょう

『聖地阿寒の旅 マチネシリ登拝』へ つ・づ・く・・・

今ここに在るすべてに
感謝
イヤイ ライ ケレ


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
PC版:http://firstseed.web.fc2.com
携帯版:http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile.gif
スポンサーサイト



【2009/10/14 10:10】 | 登拝の旅 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<聖地阿寒の旅 マチネシリ登拝 | ホーム | 聖地阿寒の旅 序章>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firstseed.blog114.fc2.com/tb.php/371-8715b97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる