平成二十四年壬辰 小正月
01月15日は小正月です
元日から07日までを大正月と呼ぶのに対して
本来は旧暦の正月の満月の日すなわち15日を小正月と言っていました
近畿地方では今でもこの日までを「松の内」としています
古くからこの日の朝に小豆粥を食べる習慣があります
松の内の間は小豆や肉など赤い色の食物を食べるは禁忌とされていました
小正月が解禁日なのでいつしかお粥にして食す習慣が根付いたようです
これにはこの年の疫を避ける無病息災と
五穀豊穣を祈願してお祈りする意味があったのです
実際に小豆には腎臓の働きを整えて利尿を促してむくみを取る効果があります
陰陽五行で赤色は邪気を祓う効力があるとされています
今年の必須色ですから下着や衣類など積極的に着用した方が良いようですよ
平成二十四年壬辰 小正月 小豆粥
ところで1999年までは01月15日は「成人の日」でした
かつて「元服の儀」を小正月に行っていた名残ですが
本来の元服の儀は旧暦正月の最初の満月の日だったのです
今年は02月08日になります
その他に小正月には左義長(三毬杖)<サギチョウ>と呼ばれる火祭りも行われています
これは神社で行われる「どんと焼」と同じく
お正月に飾った注連縄や門松を山のように積み上げて燃やします
御年皇神さまの宿る寄代として使っていた正月飾りなど
縁起物を燃やすのにも意味があります
ひとつは縁起物に宿った神々ほ炎によって天界へとお送ります
もうひとつは炎の霊力による罪穢れの祓い清めです
美しく香しい花に虫が寄ってくるように
結界の働きをする玄関の締め飾りなど縁起物は邪気を吸い寄せていたのです
なのでお正月の家の中は清らかなのですね
縁起物に付着した邪気などの穢れを炎の霊力で消滅させるのが
左義長やどんと焼きなのです
この炎をでお餅を焼いたり火を縄などに移して持ち帰り
家の竈の種火にして小豆粥を作ると無病息災になるとも云われています
大きな炎をあげられるような広い場所が少なくなり
また締め飾りなどが燃やすと有毒な天然素材以外の物が多い為
最近は左義長を行えなくなってきているようです
小正月は松の内から通常の生活へと切り替える日になります
そんな意味からお屠蘇気分をリセットする目的で
ファーストシードで自己メンテナンスをしておくと良いですね
新年集い始めになるこの日の13時30分からの交流会@札幌でも
ダブルス ヒーリングで年末年始に溜まった身体と心のストレスを
祓い清めて浄化して運気を整えていきます

今ここに在るすべてに
感謝


ブログランキングをクリックして投票をお願い致します
FC2 Blog Ranking

精神世界ランキング


ファーストシード ホームページ
P C版: http://firstseed.web.fc2.com
携帯版: http://firstseed.web.fc2.com/i
firstseed-mobile QR Code
スポンサーサイト
【2012/01/15 01:01】 | 歳時記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<小正月の交流会 | ホーム | セッション開催日01月号(改訂)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://firstseed.blog114.fc2.com/tb.php/825-2a2ec94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ファーストシード  ∞Firstseed∞


ライトエネルギーのワークFirstseed(ファーストシード)のセッションとヒーリングを展開 様々な情報とご案内を発信してます

プロフィール

ファーストシード

Author:ファーストシード
ライトエネルギーワーク『Firstseed』(ファーストシード)
レイキやリコネクション等既存の
ヒーリングを超えた全く新しい高次元エネルギーで浄化と変容して
真の自己に目覚め今生をより豊かに!
http://firstseed.jp

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる